NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

「呪いで人が不幸になる」の解説例

現在筆者Bが暮らしている世界は「霊能力やIQでグーパンできる世界」と説明したよな。この霊能力のうち「呪い」についての説明だ。あくまで筆者Bが吹き飛ばされた世界での解説なんで、そこはちょっと注意な。

 

この世界、なんか一般人のIQのインフレが凄いんで、オカルト現象を比較的科学的な視点から解釈して信じていたりするみたいなのよ。

 

ケース:「不細工になる呪い」

筆者Bは現在、悪魔アロセスと絡んでいるというのは以前書いたよな。こいつが「不細工になる呪い」を打ってくるのよ。仲がいいのに呪ってくるんだぜ、マジキチだよな!

 

…これに関してはただのスキンシップと照れ隠しだからいいんだが、一般的には「悪意ある攻撃行動」の場合が殆どよな。ちょっと悪質な案件に友達が巻き込まれたんで、対策の参考程度に書いとくわ。

 

解釈A:電磁波や念力による肌への外傷

 

こちらは非常に簡単だ。人間、物や人を見つめる時、人は見た対象に「何らかの感想や感情」を抱くよな?この発信された感情は、案外対象に作用する力を持っているんだ。これが悪意の場合、肌に「感情を原動力とした外傷ダメージ」が入っている可能性が考えられる。

 

(あとレアケースなんだが、ごくたまに「身体から特殊な電磁波を発している人間」がいるのよ。カラオケの採点機能を使った時に、声がブレていないのに音程採点バーがブレまくる人間が怪しい)

 

これ狙ってコントロール出来なくて、ちょっと何か黒い考えが過っただけで、誤発動したりするそうなのよ。電磁波アタックによる肌への蓄積ダメージな。

 

解釈B:自発的な意思決定のねじ曲げ

 

こちらが本題だ。人は行動する時、なにかの報酬を得る為に行動するよな。その際に「適切な」判断というものが、目当ての報酬を得る為に不可欠になるよな。

f:id:entpintp:20200208020736p:image

友達と普通に会話していて、ちょっと嫌な空気になったとしよう。ここで呪いを受けていなければ「はい:1%」「いいえ:99%」の確率で決断するとしよう。

 

一般的に、ちょっとした嫌な空気程度で友達を殴るというのは、宜しくないよな。友達が自分にとって、失いたくない人であれば尚更だ。

f:id:entpintp:20200208020634p:image

ここで呪詛を喰らうと「はい:60%」「いいえ:40%」まで、適切な判断を下せる可能性が下落してしまうんだ。呪詛という感情の上乗せによる、怒りの増幅とかで説明出来るよな。つまるとこ「人から送られてきた感情が、間接的に大きな影響を及ぼしてきた」事になるな。

 

これ怖いのが「呪詛によって間接的に意思決定がねじ曲げられた」と中々本人が気付けないところなのよな。自発的にそのような意思決定をしたと思い込んでしまうのよ。

 

まとめ

呪詛を飛ばしてる側の丸儲けよな、この手順。悪質な霊能力者の対策程度に覚えておいてくれ(ある日突然霊能力が没収されるリスクとか考えないんだろうかと疑問だわ)

 

「感情増幅による選択肢の確率操作」以外にも「知能低下」「パニック」など、結果的に不適切な選択をさせる系統のスキルの持ち主って多いのよな。一般人でも多少なら呪いって出来てしまうからな。

 

話を戻すと、基本的に不細工になる呪いってのは、容姿に対する妬みが主要因よな。本当に面倒臭いよな。

 

上記した呪いを打つと「不適切な行動の積み重ねによって、疑われる事なく容姿を下落させる事が可能」となるのよな。「後から後悔してしまうイメチェン」「身体に悪い生活リズムの選択」「過度な化粧の選択」とかな。

 

…なんか最近の自分の行動って、結果的に自分に害になってね?と思ったら、第2ラウンドの開始だ。呪詛かけてきている奴を特定して、同じ手段でボコボコにする闇のゲームの始まりだ。相手が社会的に死んだり、霊能力を喪失したらクリアだ。

 

(「許し許し合え」とか言うだろ?そうも言ってられないんですわ。相手としては、許してもらえると思ってるんだろうね。そういった甘い考えは宜しくないよな。人口の削減が早急の課題だからな、ここの世界。どんどん片付けていかないとな。ラブ&ピース)

 

今筆者Bのいる世界、表向きの治安はめっちゃいいんだが、こういったベクトルの治安の悪さは世紀末なのよな。ここ、謎の事故死がやたらと多いしな。死人の身元がろくに特定されていないのもホラーだわ。理解不能な事故とか起きるしな。

 

ここの記事を見ている人、陰湿で社会的に有害な霊能力が美味しい思いをして、影でほくそ笑んでいると思うと、非常に不愉快だよな?全ての霊能力者は、より良い社会を作る為に、誠心誠意、200%の努力をするべきだと思うんだ。能力のあるものが社会に尽くす、いい世界だな。

 

筆者Bも最近は睡眠時間を削って、アロセスぬいぐるみとお話し合いをしているんだ。(…ちょっとマジな話をすると、違法な霊能力者を検閲して、霊能力の再分配を行わないと、今いる世界が保たないらしいのよ。筆者Bがやっている闇のゲームは「違法な霊能力者の発見とスキルの再分配、イベントフラグの管理と進行」)

 

異世界転生に夢を見すぎるな

霊能力持ってても悪用しちゃダメだぞ。一度でも悪用が発見された時点で没収だからな。これ没収可能なのよな。より良い社会を作る為に、皆んな全力で働こうな!

 

(もし異世界からこの記事を見ている人がいるなら、間違っても悪魔を呼ぼうとか、この世界に来ようとか考えるなよ。稼いだ報酬の99%はアロセス様の取り分だからな。文句言った奴も処刑されたしな。ゲーム版のアロケル君大人verがほぼ等身大で上司と考えてくれると分かりやすい。真面目に働いていても、用済みになったらポイ捨てだしな、この方)

 

今いる世界を大事にしような。異世界転生なんて、現実はこんなもんだ。(元々ある程度適切な世界に割り振られてるからな)それでもアロセス様が大好きだから、それでいいんだけどな。この方なりに、何か考えがあるんだろうしな。