NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

【幹部の裏方】揉めていた時期なんてものはない

はじめに:ヒントしか出せないこともある

f:id:entpintp:20210428061953p:image

悪魔アロセスの顔に「優越感・ビックマウス」って書いてある。かなり前の時系列の話だからな。人の売り飛ばしとか嫌な噂が多かった時期の話だな。この記事の後半の内容を踏まえると、死んだ黃頭角の配下の過去を掴んでいたのかな。

 

これは揉めていたのが何処なのか最後まで分からなかった。後から手直しをした部分も多い。答えは黃頭角の陣営が盛大な改革を推し進めていたそうだな。他の頭角どもに露呈する前に建て直しが目的だな。

 

胸糞注意の当時の広告

不適合者を密告すれば金をくれる。そんな噂があったらしいな。誤手の多さではないかな。見ていて腹が立つとしたらな。吊し上げの見世物乞食を他所でやったらしいな。死亡事故でベターなときもあるよな。愛用からの用済みじゃねえかな。元から黒い立場ならそうなるだろうな。

 

元々は人権の無い人間。そんな奴が提案したと黃頭角は自供しているそうだ。日本屈指のユダの腰巾着をやっていたそうだ。今でも揉め事が終わらない。追求者が諦めてくれないそうだ。何処かにテープくらいはあるかもな。

 

逃げたというよりは死んだだろうな。黄頭角の関係で知っているだけだ。もうこればかりは殺された方が悪いんじゃ無いかな。テンプレのパターンではあるぜ。

 

黒い窓に:死んだものは仕方がない

f:id:entpintp:20210425182130p:plain

死体は埋めておけしか未来の無い奴。間違えた時の厄神アロセルの現在の状況でもあるな。逃げられない黒職場。斧を持った上司。勝てるかどうか考えていこうな。談合と撤退が基本じゃないかな。

 

f:id:entpintp:20210424133628p:plain

生まれ派閥の分かる発言は気をつけようじゃないか。バレたが最後の故郷もあるだろうしな。死者側が忖度版で(本気の)ハードだしな。現品の末路がベリー(クレイジー)ハードだな。みんな気が狂っているから団結が低い。

 

f:id:entpintp:20210428074146p:image

「8区分までなら団結するのに、16区分になったら身内で殺し合いになった」本来の悪口としてはこんなもんだな。面倒な時は埋め立てだよな。死体の顔は黒塗りにした方がいい。最終的なナンセンスだな。

 

f:id:entpintp:20210518201427p:plain

おかしなことは思い当たる。こんなに綺麗な雑草なんて生えてましたっけ。根を見るに普通に生えてきたみたいですけど。細かくは気にしないでいきましょうか。恨みながらに黒い窓から此方を覗けば…「誰かと似ている気がするような」

 

行方不明:黄頭角の部下の死亡事故

幸せな雑草というものがある。条件が同じようなところでも、見た目が整っていて色も鮮やか。一見すると食用のシソにも似ている。これが食えないという方がおかしくないか。これを食用にしたほうが早い。捨てると罰当たりな生物ではないか。

 

「これは食い物に分類される」カテゴリよりも先に他の区分を駆使していた研究家だそうだ。極度の政治不安症ではある。また国からの鉄槌がどうの。この雑草だけは駆除してはならない。環境が無駄にいいから美味しい野草が生えてしまう。


「美味しい野草の生えない国家」回収しないなら無駄に個体値のいい野草の生える隙間を無くしてくれ。ここでは言えないんだが、個体値の取り合いというものが無意識に備わっている。意外な野草がスイッチの如く優劣を比較して…。

 

f:id:entpintp:20210428081657p:plain

テクテクだめ!個体値なんかいいの!テクテクはみんな平等なの!不幸とか幸せとか格差はないの!

 

f:id:entpintp:20211018030702p:plain

ああ…やはり理解してくれないか。表面的な表情ではなく、無意識としての優劣意識。これの芽生えを阻害していては、人も野草も前に進めないではないか。野草も前に進みたいと思うことがある。この手元の雑草を見てくれ。非常に健康な背伸びをしている。


マイキャッスルの不調は「進化と芽生えの統率が表面化せずに潜在的に進行し続けている」ことによるものかと。

 

f:id:entpintp:20210409020712p:plain

ダメ!テクテクは成長しないの!普通の子になるの!進化なんて頭のおかしい奴らの話なの!テクテクは普通なの!


(「(普通の)テクテクの女王蜂」生物としてちょっと闇が深いんだよな。畜生の本能を駆使して維持したときのデメリットだな。生物そのものの改革時期に本当にガタが来た)

 

f:id:entpintp:20211018030702p:plain

…まあ疑問と伸びたい背丈を全部切り落として無くしてしまうというのも、今だけを考えた運転ならありではないでしょうか。この先は本当にどうするんでしょうか。知能を上げて表面的な意識による統率を強化するのか。統率の手綱を1度「無意識から意識に乗り換えさせる」必要性があります。


普段は畜生としての本能が功を奏して、無意識として絶対的な女王蜂を追いかけるように出来ており、まあこれを意識の話に持っていくとすると、どう考えても今からの純粋な意識としてのIQは諦めた方がいいかと。静かなる詰み判定の予兆です。

 

f:id:entpintp:20210409020712p:plain

だめ!テクテクは最後の時まで共にあるの!遅れたテクテクだけは大事にするの!これこそがテクテクなの!流石にトコトコは要らねえけど。どうしよおい。久しぶりに我に返ったわ。まじかよ。

 

f:id:entpintp:20211018030702p:plain

進化したテクテクだけを追放しようにも、微妙な進化と芽生えばかりで、イジメのような難易度の再構成なんですよね。普通に無理ですよねこれ。女王蜂モドキを辞めて、普通に国会っぽい真似でもしてみますか。

 

f:id:entpintp:20210409020712p:plain

だめ!テクテクは無口なの!国会なんて出来ねえだろ。テクテク民族の意識の低IQを舐めるなよ。適当に中規模の選挙を実施したフリして、頭の良いのを抜擢して拉致監禁。議会発言ログを盛るだけのプチ進化個体をカモるのはどうだ?

 

f:id:entpintp:20211018030702p:plain

ああ…それで持ちますかね。みんなそこは異論ないでしょうし。ゆるい区分けで行きましょうよ。大半は温厚だから良いですよね。まさか女王蜂だけ別の種族とか、言われてみたらもっと元も子もない秘密がありますし。


これなら一過性の秘密で終わりますかね。変な進化のテクテクを駆除して、頭のいいのは拉致。中途半端を適当に焦らせて、大半は退化させて上から蓋を被せる。自己再生を狙っていく。報道ではそれなりの知能の発達が起きたと、普通の内輪ノリとしてやっていく。

 

f:id:entpintp:20210409020712p:plain

おい近侍テクテク!そうだよな、ガツンと伸び代をカット。これが出来るから維持していられるんだよな。このクソ体制。それでもテクテクは必要なんだよ。無難、本当に無難だからな。あの真横の知恵遅れのチンパンども。

 

f:id:entpintp:20211018030702p:plain

あれはあれで管理しきれないんでしょうし。正直に言って大きく見たら、もうお互い様です。テクテクも変な場所を歩く癖がありますし。お互いに無駄に勇敢なんですよ。少し次から臆病に寄せますかね。

 

f:id:entpintp:20210409020712p:plain

はー水水。風呂入ろう。適当になんとかしておけよ。もうやっていられねえんだよ。もしミスしてもドサクサでなんてことないだろ。今の状況は糾弾してくる奴がもう居ないからな。全部ソロ判決とか馬鹿にしてんだろ。何か言えよテクテク!

 

f:id:entpintp:20210413193519p:plain

プルプル…トコトコ…

 

f:id:entpintp:20210409020712p:plain

おいすぐに退行してんじゃねえよ!逃げられねえんだよ馬鹿!こんな手間のかかる正攻法なんかやってられるかよ!正攻法が邪道の難易度じゃねえか。どうすんだよおい。気力として無理だろ…。

 

f:id:entpintp:20211018030708p:plain

…ですよね、自分がやるんですよね。出来ますよ一応は。でもね、雑草とか真面目に見ていたら、こんなに話が遅れないはずなんですよね。そこらへんとか理解してましたかね。いつも空返事で分かったフリして。

 

f:id:entpintp:20210425054753p:plain

ここでガッツリ、バシンと斧で殺してしまったらしいな。ここの右上のマスを巡る問題の、過去の時系列の回想だな。隠蔽してきた死体の山だな。

 

「あんな歪んだことを言う奴だったっけ。何故人は直ぐに進化する?」

 

f:id:entpintp:20210425182159p:plain

「間違いだらけの震源地」

 

参考程度に死んだ部下は「鍛冶の天才」だったそうだ。基礎ステータス格差を埋め立てる下駄を履かせたのは誰だと考えている。身分の疚しい奴を取り立てたのは誰だと考えている。こういう脅し合いになった。詳細不明だな。