NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

エニアグラムと悪癖

はじめに

うん、内容な。無いようなものだから期待しないでくれ。完全に雑談な。恋愛かなんかの役には立つと思うわ。


これブログで書くのも珍しいんだが、アクセス数が落ちた今なんで(初期よりは言葉を選びながら)、悲しい話でもしようと思うわ。

 

個人的な悪癖の話(タイプ7への分裂)

あれだ「ストレス時の行動」って人によって違うよな。真実を打ち明けると、ブログ開設当初(2017/12)って、現実で相当ストレスが溜まってたんだ。原因は現実の人間関係な。


私は5w4なんだが、ストレスが溜まると、タイプ7の汚点が爆発するのよな。言葉の汚すぎる真実ぶっちゃけ暴露大会とかな。


これ本当に悪癖が爆発した時の行動の被害状況って、結構個々によるよな。同じタイプ7の悪癖爆発(分裂)でも「買物病」「薬物過剰摂取」「逃避癖」「性的奔放」と種類が多いのよな。


これ私も周りに被害を(極力)出さないように気をつけてはいるんだ。「爆買いする時は、いつかは使い切れる消耗品にする」「多分有益な(主観的な)真実を暴露する」「栄養ドリンクはデイリー2本まで」


一応場面によっては、過剰に敵を作る事が非推奨の人間になってしまったのよな。そのせいで、初期と比べて慎重になるべき場面が増えすぎたわ。何というか、あまり責任階級には向かなかったわ。


最後に言った大迷言:「うるせえ、俺さえ良ければいいんだよ!雑魚のことは知らん!くたばれ役立たずども!」


(これマジで弁解したいんだが、正直しゃーないだろ。どこも景気最悪なんだよ。流石に多少の人員整理は必要だよな。マジで最低限の言う事は聞いてくれや)


今回の悪魔アロセス騒動で分かったんだが、私が一番駄目なのは「組織の命令を無視する奴」だと分かったわ。…何とも言えないって顔しないでくれ。マジでNGだわ。

 

アロセス君の悪癖(タイプ8への分裂)

「マジでアロセスくたばれ」レベルの大失態を見ちまったからな。なんだあれは。うん、以下簡単なdieジェストな。


悪魔達も話し合った結果「流石に他所様に迷惑をかけまくる奴は殺処分しよう」路線になったらしいんだ。ごもっともだよな。悪魔は行動が早いしな。


アロセス君には「処刑スイッチをポチッとする係」を任せていたそうだ。悪魔なら出来て当然だよな。


それがふざけた事に「彼等を殺すのは可哀想だ、贖罪のチャンスを与えよう^^」とかほざきやがったんだ。挙句にカツカツの経費を横領して、死刑囚を延命させやがったんだ。これ完全に馬鹿にしてるよな。これアロセス本人が2w1だったらしいわ。なんだよそのクソ悪魔。


タイプ8への分裂も複数パターンあるんだが「マジで組織には入れるな」としか回答出来んわ。…どうしてもストレス時に組織に大ダメージを与える行動をとる奴は、出世しにくいわな…。これは確かにふざけてるわ。


ストレスかかっても「組織よりは個人を犠牲にする性格。私よりは公をとるタイプ」の方が、幹部には向いているのよな。どこもシビアなご時世だしな。アロセス君に絶対に金を握らせてはいけないわ。流石は天下一の組織ブレイカーだわ。


「モ●スターボールの中にでも入ってろ」とか言われてたわ。可哀想にな。…これアロセスにも言い分はあるらしいんだが、言語化する脳味噌が足りていないようなのよな。うーんこの。あと言語化出来たところで一理あるとは思えんしな…。


お気持ち文化では世は回らんのよ。金が無限にあると思ってはいけないよな。

 

配偶者は短所で決めよう!

個人的な悲しいスローガンな。これ非常に個人的な傾向なんだが、リスクを重く見積もるタイプなのよな。アロセス君の長所は兎も角、短所が手に負えないのよな。


いくら普段一緒にいて楽しくても、組織の牌を個人に回すタイプはNGなのよな。プライベートよりも組織重視の相手でないと無理だと気がついたわ。


あとは…「短所が爆発した時に止めに入れるかどうか」ってあるよな。これも本当の相性の良さだと思うんだよな。これがアロセス君との相性の悪さの理由だと思うわ。


私は何度生まれ変わっても、タイプ1かタイプ3とばかり結婚しているのよな。特にタイプ1が最頻な。


タイプ1の短所の面倒臭さと言うのが、私にはあまりストレスにならんのよな。タイプ4への分裂な。「怒鳴る」「仕事ボイコット」「無茶な指示」「不安定な気性」


これそこそこ頭のいいタイプ1のストレスが爆発する時って、組織内で事実としてエラーがある時なのよな。あれだ、問題が解決すれば、早い内に爆発が収まるのよな。


(あとあれだ、暴論だが「寧ろコイツをキレさせた方が悪い」)

 

余談1

「僕の背後に誰かが居るんです。そいつが僕を操っているんです」と主張するアロセス君の様子。…何のことかな?日頃の行いが悪すぎたんだろうな。真実と聞かれると、嘘になった真実だと思うわ。


私が仲が良かったのは、アロセス君ではなくて、背後にいた別の「水の疫病神」だそうだ。こちらがタイプ1だったそうだ。お察し下さいよな。厄介だが悪魔の中に、疫病神が混入していたそうだ。


この疫病神の愛称が「放火魔」だそうだ。既に妖怪に降格済だそうだがな。…これマズイ点に気が付いたんだが、ブログだと書けないのよな。悪魔も疫病神も、誰が誰なのか、もう訳がわからんのだろうしな。


(あれだ「殺処分される一歩手前の首」ばかりが並べられているのを見ると、複雑な心境よな。これ私以外に殆ど見えていないからいいんだがな。精神グロ耐性ある人が貴重なんで、悪魔が暇つぶしで見せてくれてるそうだ。「お前はこれをどう思うか?」との事だ)


…上のお方も賢いんで、鉄拳制裁だけでは話が進まんのも分かっているのよな。本当に嫌な話に巻き込まれたとは思うわ。はークソクソ。あれだ「お前ってコイツのこと嫌い?」って個人的な感想の聴取だよな、割と真面目にあてにしないで欲しいのよな。


アロセス君騒動もだいぶ落ち着いてきたんで、ボチボチ平常運転に戻っていくと思います。本当に済まなかったな。また初期みたいに、雑記がてらの記事でも書いていこうかと思うわ。

 

余談2

「本当に相手の事が大切なら、相手の為に何が出来るのか」ってあるよな。うん、カラオケで偶にそういう曲を歌うんだがな。


「弔い方の難しい首」ってあるのよな。私にも大切な相手はいるんだが、本当にどうしてやるべきか、難しいのよな。適切な葬儀が出来るならば、それも一つの相性の良さかもな。


…いくら鉄拳制裁って言っても、物理的に処分しようのない生物っているのよな。うん、今日もアロセス君は元気満開だ。「お肉とチーズがオイチイ^^」との事だ。改名バックレ病が治るといいな!これ絶対に勝てないように出来てるわ。悪癖を治療するしかないやつだわ。


流石は悪魔様だよな、人間にとっては…。「殺処分不可能」「組織ブレイカー」「僕に逆らうとこうだ」「僕は嫌な思いしてないから」「アーアーキコエナイ」「メシウマ」「バブー(棒)」「弱い奴が悪い」「僕の偽物がどうのこうの」「信仰心が足りない」「僕に期待した方が悪い」