NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

●悪人架空例5:前「渓谷と通路」

はじめに「リハビリ中心のマジキチ注意」

f:id:entpintp:20201221055355p:image
「終わりの見えない…絶望…(絶望)…僕だけが…絶望に…覆われていく…(覆われていく)…あぁ〜」


すまん、普通のテンションに戻りたいんだが、悪魔アロセスがウザすぎる。面白いギャグをひたすらかましてきて、全く退いてくれる気配がない。

 

f:id:entpintp:20201221055414p:image
(この自作ネックレスを付けて撮影してかったんだけど、自重しておくわ。すっげえ気の毒な印象になってしまう…)

 

悪魔アロセスの仕事内容が難しすぎて、偽者を出すしかなかった可能性…。永遠の影武者疑惑…。勝てない、上司…。倒しようがない、厄神クロセル…。目の上の、圧倒的なタンコブども…。圧倒的非力…。


「守りたくなるような命がないから、我々は延々のニートなんだぞ!」悪魔アロセス

 

おわりに「何故か直観的に書いたら正解」

「外面が良すぎる子」この世界の知り合いじゃないけど、タイプ6の主題テーマで書いている人もいたそうだ。時間が出来たらだな。


そいつはタイプ5のテーマで、恐ろしい程の出来のキャラクターを叩き出してくれた。「唖然とする程に無能すぎて部下が0になった親玉」


本当に声だけはデカい無能の恐ろしさを伝えたかったんだろうな。体験者は語るシリーズだ…ところが後から判明したのは「悪意ある無能のフリ」

それって後から登場した幹部のアロセル(極悪人6)のことじゃないよな…?

 

私が最初に貰ったのは、53番だな。本質が空っぽの人間だ。それとも難しすぎて誰にも分からなかったのか…。何回泣いても分からない方がいい事はある。


分かった、大事な要件だけを言ってやろう。悪魔アロセスと悪魔カイム様の中身がこんがらがってるみたいだ。悪魔の誤判別に注意だな。それアイツの方だよって腐る程あるんだろうからな。


灼眼の獅子アロセスが、初めて目を開く様子を見てしまった。…まさかと思うけど、誰か能力を間違えて契約していないよな?


能力としての自我とか…な。本当に複雑だからな。知らなくていい事も多いんだろうからな。誰も全ての真相を知らない分野の話だからな。

 

本題A「渓谷と通路」

見てきた主観的な真実を、そのまま伝える事が出来なくて悪いな。先に詫びておく。


正直に言うと、どこまでが実在の怖い奴で、どこからが私の過去の捏造かは、全く誰にも分からないはずだ。これこそ直観で見てくれ。

 

f:id:entpintp:20201221055819p:image

「追い詰められてもカッコいい。何でかって?醜い奴らが真っ逆さま。誰でも自分は格好いいと思っている者。例えば誤認の1つも美化してしまう。見よ人の愚かさよ。人にはいつか聞く耳をもってもらいたい。飽くなき執念は実を結ぶ」

 

「自分を騙し、相手を騙し、これがいつまで続くのか」これに飽きてしまったな。誰もが同じ心境なんだろうけどな。

 

主題A「社会渓谷と地下通路」

「人によって事情が違う真実」これが解説プレートの表題としては適切だろうな…順番に書いても難易度ってあるからな。難易度緩和版だよ。そう此処までは。

 

単純に見て楽しい作品と、上手な作品と、完全に一致しない事もしばしばあるよな。私はタイプ5の悪癖を表現した、悪い意味で熟達した回避スキルを披露したと思うんだ。


…あのな、タイプ5って本当に頑張っているんだぜ。毎日がエキセントリックだ。何か違う事情を抱えている奴がいるなんて、いつもの事だ。

 

「社会渓谷と地下通路」本当はこういうタイトルを付けたいぜ。でも時代が悪すぎるな。私も自重が多い人間ではあるけどな。意味がわかる人にはシビアな話だ。

 

…単に後半の話が見えすぎていただけだった。今ならそう題名を納得する。自分で付けたタイトルにいつか恐怖する。後ろのバカはそんなもの。


谷間を通って、通路を抜けて…。私にはアイツがいないからな。今回は普通の人生を送る事で精一杯だ。驚くほどには安定しない世の中だからな。冒険はほどほどにな。

 

「いつもの通り悪役幹部は仲が悪い」