NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

悪魔アロセスの宅配便

本気で「あかさたな」の連想ゲームをやってみた。たまには性格以外の見てくれを整えないとな。鏡の用意だよな。うーん保証されたクレイジー。


本当に頭がおかしいのは知ってるぜ。冗談じゃなくてこれだからな。脳の索引の並びがエグい。ここまで変な検索を作れる才能を見て行って欲しい。

 

恐怖の「あかさたな」


アウシュビッツ
胃痛の種
ウラン
絵心
腰巾着


蛙の子は蛙
キチガイ
寓話
検討します
心の中


最高裁判所
仕組みが違う
水痘
正規分布
楚の歌


タチが悪い
治外
津波
鉄道
童話


波間
日暮里
ぬか喜び
寝言
野花


歯茎(死神の補佐)
日雇い
腹心
変化球
ホライズン


紛う
見捨てる
無感動
目処
目視


自棄
行方
四日市


落馬
リンド(自称リンドウ)
流浪
連絡
路地


和歌


●悪魔アロセスの実家

悪魔アロセス様に頼まれた注文表と何かの関係はある語彙録だと思う。文字でキーワードが挙がって来たのは御の字だよな。…そこそこ意識に登りやすい能力だったんだぞ。


「最悪のパターン・見返して欲しい前例・疑うべき仕組み・パーツが無い・ストレス爆発」このあたりを満遍なく言って来いとか頼まれたんじゃないかな。その点では疑わしくない筈だ。


なんか…その。仕事は大事だったと思う。来世が怖いからな。本来の実力は間引きラインの少し上を走る生き物だからな。人としてなんとかカウントしてもらえた層だからな。お使いが出来るから生き残れただけだからな。


見ているだけで胃が痛くなる語録は仕方ないと思うんだよ。こっちも何かを進めてくれないと、あの世で悪魔アロセス様の立場が悪くなるんだよ。意外と影響力の強かったキーワード集だ。


「火力重視のデッキを組むとこれが最適解になる」脳内の辞書が火力重視で出来ているな。まだ何手か学べる手腕がある事例集だそうだ。誰か時間のある人がいると思っていたんだがな。


うん…。英語訳でも…。私の保身が…。粗悪でも地頭から出て来たオリジナルである事に、今の時代なら価値が付くと思うんだ。パクリの余地がない。何か1つは切株が邪魔にならないように収まると良いんだけど…その…。


展示方法を現代のうちに変更してみてもいい切株の話だと思う。道を戻せる形にしてくれないと、真面目に困るそうだ。悪魔アロセスが可哀想だろ。これ以上は白線からは出るなとさ。


これ以上白線から出ると「悪魔アロセス様のサーバー」に繋がる語彙があるんじゃないかな。意外と脱線がエグい何かが残されている。未だに瓦礫を悪魔の自宅から退けてくれないとかな。


悪魔アロセス様の貧相な暮らしは、人間に生活を追い出されたからじゃないかな。これ最後に絶対に言い始めるからな。例のゲームで何かを察した。これ自宅を盗られたとか言い出すわ。


「公爵の家を盗られて返してくれない」これが最後に悪魔アロセスが言い出すことだと思う。悪魔アロセスに似せてあるからな。めっちゃ難しい言葉で「実家を返せ」って言い出すからな。


何か1つは完全な落ち度があるんだとは思う。でないと私もここまで言わないしな。普段はもっと悪魔アロセスの近くの席だからな。後ろから根性で杖ついて出て来たんだぜ。学力池沼枠だからな。


私も悪魔アロセス様なら権利としては勝ちが確定しているから、目立つ所で書けるんだけどさ。「実家に瓦礫を棄てたのは誰だ」


悪魔アロセスの日本の小屋が帰って来ないと、私も生活が詰むようになっているんだよ。似せてあるから運命も似ているんだよ。最初から脅しだ。未来のためだからな。


…私の、生活。よく分からないが何かがマズい悪魔アロセス様。悪魔の事情って本当に聞き出しにくいからな。最初から身内枠を設定していたとは思わなくはない。変えられない内部設定だよな。


本当に抜けられない恐怖の仕事ってあるんだぜ。最初から固定席だよ。最初からの身内枠だよバカ。抜けるもクソもないんだよ。幽霊でいいなら他にも身内はいるぜ。


身内枠が思い出せない悪魔なんか流石に知らんからな。悪魔アロセス様ならここでも席を置けるにはおけるぜ。そもそも席の占拠するサイズを見ながらやらないと、失礼になることもあるしな。


…天誅を食らってマジで急いで思い返したら、要件がこれだった。本当に済まん。悪魔アロセス様の自宅の壁を速やかに綺麗に戻してくれとさ。クルマが突っ込んできてから、そのままの状態だそうだ。


領域問題って面倒だよな。庶民に分かるわけがないしな。ただ家の土地を横取りしたら足跡がついて当たり前だよな。取り返しがつかない証拠で言ってくる奴もいると思う。


知識をもうちょい集めながら、ちんたら体調悪化を防いでいこうと思う。行列が出来る前に対策しておいた方がいいときもあるよな。何が拙かったのかは私の英知では理解できんけどな。うーん非力なりや。

 

●おまけ:他人への視線

 

段階4は…健康で弱者を察する
段階5は…性格で悪人をチラ見する
段階6は…思考で犯人を選ぶ
段階7は…直観で犯人を指さす
段階8は…本能で犯人を殴る

 

どんどん余裕が無くなるのは当然として、正しく生物として活動している内はこうなるよな。苦手なものはあるだろうけどな。

 

人は1つ下の段階の者を簡単に当てられる。どんどん誤魔化しが効かない雰囲気になってきたよな。健康を損ねると段階も下がりやすいよな。充分な休息に必要な資源が増えるという意味でな。

 

「初見で段階3か段階6のどちらかだろう。こいつはどっちかな」生まれつき分かりにくいからな。さも段階3に見えるだけの段階7。考えたくない事が多いから明るいだけだ。

 

個人的な近況のおまけだな。言い方は違うが、知っている人は既にいる知識だ。参考程度にな。