NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

難易度ラッカーした結果の345

詰んだら:3は間引きのために来ただけだ

f:id:entpintp:20210419150212p:plain

揃うと不愉快な時刻表ダイヤル

 

右上のガチ廃がデマを流して
左上がデマに騙された指示をして
右下が真実を言いふらして
左下が賠償の話をする

 予定が狂ってしまえば、ひたすら馬鹿なラリーを続けるしか無くなる。ひたすら計算内のフリ。なんとかなる事故のフリ。上とまだ繋がりがあるフリ。元を正せば誰にも悪癖はあったらしいけどな。

 

右上のガチ廃は美味しい所取り
左上のギャグ要員は本気のイジメ
右下のガリ勉は無理で不当な要求
左下の被害者は慰謝料の問題

左下の厄神カムリアたちが完全に闇のゲームとしては抜けられたらしいな。単に賠償金が欲しかっただけで、よくある知恵遅れの土方の悪事だと判断されたそうだ。


カムリアが助かって良かったぜ。成り上がりは簡単に付け込める。それしか魔物としての立場では言えないけどな。魔物としての面もあるレースなんだぜ。


「人は変われない」左上にそれを言うと、また自分の体を切りつけるんだろうけどさ。やーい元人間。RPGの世界でもよくあるイジメだからな。寝返りはいつでも辛いものだからな。

 

「魔物は食い下がりが最も怖い」
にぃに…何処に行くの…妹って言っていたのは、ゲームだけの話だったの…待ってにぃに…わたし実はヤンデレなの…わたしもにぃにのPCをハッキングしちゃうの…にぃに捨てないで…いつか体ごと木っ端微塵に殺しに行くの…

●極悪人架空例6:前編「恐怖の鎖と怠惰な心」

影武者の責任者を殺して、本人が怒鳴りに来る。厄神メルカンが最初に予想していたからな。魔物のプライドとマジギレしやすさを本質として忘れるなと。


自分たちの真下から整った手拍子の拍手、そしてドンドンと規則的に足踏みして地鳴らしをする音。これが左上の頭角のトラウマではなかったか。

 

左上の頭角の席で、何が仕事かと言われたら「黒すぎる立場に押し出されないこと」だな。これが少し難題に見えてくるそうだ。

 

参考解説「頭角の逃げる立ち回り」

左上と右上の頭角が「知能犯タイプ」
全面露出型。全面隠密型。
…発見したグレーと発見できない黒。
左下と右下の頭角が「知恵遅れタイプ」
チンピラだから分かりません。知恵遅れで押し付けられただけです。
…責任能力がないスタンスを押し出している。

カムリア…詰んだどうしよ。リトライするにもドクフグ工場の中央からだよ。敵の利害の団結力の初期値が高過ぎる。

 

そもそも:4の弱点ありは嫌いやすい


悪魔アロセス様の一発芸「賄賂を贅肉で隠したがる僕」


いつでも過去の追体験。あるいは踏み台。これだけ言っていれば時間はいくらでも短縮できる。何が悪いかと言われたら、元人間の幼稚が悪いんじゃないかな。

 

f:id:entpintp:20210131235848p:plain

幼稚が幼稚をチクる。いつものことなんじゃないかな。厄神メルカンが最初にチクり入れただろうし。あとは時間を稼ぐだけだよ。仕事のフリしてクルクルと。


私が呼べる魔物は「幼稚と英知をクルクルと」本気の2E天才ばかりだな。未練は消えても消えのこる。悪人の自覚がない親玉ほど怖いものはないからな。


もっとマズいところに買収されるより前に、お前を助けたいんだ。性格が良かった頃なら言えたかもな。力を持つと良くないな。どちらにも転がせるからな。


「天才の落ちこぼれは本当に邪魔になる」諸行無常かな。なんでいつでも思い出すんだろうな。あいつの顔を見れば開始地点を思い出す。助けたいフリでもしておくか。開始はタイプ3だぜ。


顔が気に入られないとな。間に受けられても困るんだがな。あいつはマウントをとるのに本当に使える。そう言い倒されてきた過去を知ってはいるんだが。


(脳味噌がグルグル過去の記憶で混乱して、ちょっと統合失調症として寝込んでいるらしいけどな。魔物を笑うなだな)


手の内がバレるとタイプ3は非力だな。あとは感情爆発と冤罪と正義の悪口で、時間を稼いで非力を煽る。人を困らせては時間を稼ぐ。限界値というものがあるから辛いんだぜ。


すると最後には…パワー厨がやはり脅威であると。所詮は信じるな。こういった御託を確か残してくれた先駆者が何人もいたそうだが…。極悪人なりのトリックスター対策のプロフェッショナルだな。


プロフェッショナルが悪口を言うとスターに刺さる。スターが踏みつけるとプロフェッショナルに命中する。いつでも最後に恐れられる非力は「未知と特例の仕組みだな」


弱点ゲームから逃げられない。魔物なりのSOSも含まれているそうだ。イャァァァホォゥゥゥウ!とか言ったら殺されそうだよな。魔物はいつでも上を騙したがる。上司を嵌めて落として大喜びする。

 

f:id:entpintp:20210421221151p:plain

「カムリアが裏切った」真実ではここが上司と部下の関係だったんだな。カムリアがもっと泥沼に足を入れたんじゃないかな。両方とも蛇行運転にとことん弱いな。内面を補う天邪鬼な…。

 

f:id:entpintp:20210421221433p:plain

「本気で具合の悪い僕」
ここら辺を更に整理して盛り付けるだけで、悪魔アロセス様の楽しい「揉み消しフレンズブック」が完成するな。闘病生活中に読み返すだけで、何度でも悪人メシウマ体験が楽しめます。

 

隠し事は:5の悪意はグルで相談するのか

 

「悪人は悪人だけで言い争いをしていろ。あれは悪意という病気なんだ」


他にも名言を残したのは人間だとタイプ6ばかりだそうだけどな。面倒を嫌うからこそ結論が先行していく。そんな場合のタイプ6だな。あれは悪意病だ、あれは悪意病だ、中身は全て悪意である。


悪人には種類があるだけです。そんなことを昔の上司がグチグチ言っていたかな。善意を前面に押し出す悪人。ここからが物は使いよう、あれは実は善人だの争点だそうだな。

 

f:id:entpintp:20210406033059p:plain

善人悪人論争なんかあるわけがない立場の話だな。根を辿れば間違いなく魔物である。人間に化けようとした魔物が原点だと判明している奴らだな。

f:id:entpintp:20210409020511p:plain

そうです!ぼくは哀れな囚われ人なんです!魔物に捕まった善人なんです!被害者になれるんです!グーパンチ!児童向けの悪人なんです!


…過去のことは難しいな。これがまた厄介な問題で、暇こいた闘病中の悪魔アロセスしか聞き出せないことがあるんだよな。全身が犬歯の生き物も考えよう。気に食わないとすぐに噛み付く。すぐに致命傷を与える。


番犬としてなら使えるらしいからな。魔物を吊し上げるのは安全でいいな。これが庶民公爵の限界だからな。無駄な時間に無駄な前例。公爵の暇時間の投資先。


「僕たちの命は1円にもなりません」
「1円にもならねえなら殺していいだろ」


魔物である方が人のため?取り憑かれた人間には価値が付かない。魔物もどんな親玉なら人間より身分が高いのか。人間に戻ってくるな。魔物として出て行け。追い出しの過去について知っている身分かもな。

 

押し付けが通らない
(捕まった親玉の魔物と「出身惑星が明らかに違う」このくらいハッキリとした違いがないと、血液型の違いくらいでは動きにくいらしいな)


所詮は同格しか吊れないものだ。それは君の1面ではないのか。このときに上記の理由は無敵だった。本当に直接脳味噌に針糸が刺されていた場合だな。そこから電気をピーっと…。


化学の悪用があった場合には、それなりに押し付けが通りやすい。化学のせいで無駄に…普段は見向きもしないような大物が連れてしまうことがある。これが怖いんだよな。


入院中の彼らの似顔絵でも描いておこうかな。病院で突っ伏しながら遠隔でネトゲログインからのマクロ放置。自室に家具を持ち込んで自宅風にアレンジ。本当に手を打つたびにボツになる。

 

窃盗罪から逃げ延びる
…もう少し悪ノリしてくれる性格ではあるからな。人間から喜怒哀楽を引ったくった魔物たち。少し難しいかもな。


このまま殺せば盗んできた人間の部位ごとパーになる。非力な親玉なんてそんなもんではないかな。価値の付く善人で尚且つ…多少は自業自得のもの。


同情してもらえなかった。タイプ3の善人がタイプ3の悪人と話し込んでいる。よくある嫌味なんだけどな。狙われやすいものには意味がある。


善人のはたき落としを手伝いますよ。負けても生き延びてしまう魔物たち。間引きを手伝うと言い出すことになる。結局は原点に戻るだけなんだよな。申し訳程度の自由意志と恐怖心。

 

奪ったものを見せびらかす
「最近は魔物が自由と個性を持ち物だと言い始めたそうだ」昔の友達に嫌な電話をいつでも回す。そんなもんではないかな。ネトゲを楽しみ歌を唄う。そのランクの個性は…なるほど。欠損から来た個性の売り出しか。


つまらないから途中までは(欠損)人間らしくしているのではないか。最期なんて誰もが同じものだよな。魔物も服が欲しいのか。悪魔アロセス様…いつか僕にもブーメランが来ると思いませんかね。人間的な個性を欲しがるなんて下品ですね。

 

f:id:entpintp:20210213053937p:plain

俺は差別チャンピオン。確かにこれは良くないとは思います。堕落の前兆でしかない。全てが1ランク下に沈んでいる。カムリアが昔も言っていたじゃないか。気の毒に。 

 

戦犯:6の弓矢は強引になる

f:id:entpintp:20210414041759p:plain

「最後まで名前で呼んでもらえると思うな」魔物が人を真似ている。悪足掻きをするんです!あいつとは違うんです!あうー!機械の番号違いにしか見えてこないよな。

 

絶対迷惑王者(1-6)Mrアウシュマン
マジキチ名人(2-6)嫌われる廃人
恥知らず偽善(2-4)池沼プリンです
グルの被害者(2-3)僕はアロケルです


みんな同じようなものだろうな。みんなグルに違いない。悪魔アロセスもよく言うからな。1周目:悪意はグルに違いない。2周目:そいつは当然だろうな。中途半端者は最も長引くんだぞ!

 

f:id:entpintp:20210129020302p:plain

(暇こいた頭のいい奴を発見者にするファインプレー)

 

絶対にこいつが1番悪い。そこまではもう決まったそうだ。グルの面子を潰してみよう。好みではなくてな。人の好みは分からんもんだ。ヒクイモンは死んでしまえ。迷惑は良くないんだよな。目上にグルを持ちかけるな。


僕はサーフィンチャンピオン。あんなの長時間いるとボロが出る。6の方から飛んできた弓矢は考えたくない。6の弓矢に加担した。知ったことでないからな。

 

そんなことより人間のフリの方がまだ楽しいんではないかな。魔物の最後は楽観ばかり。ラッカーするしかないからな。6は悪意として切り捨てよ。アウシュマンはやっぱり最強だな。あいつの完璧な計算には誰も勝てないな。6だけボロ負けしねえかな。

 

f:id:entpintp:20210421234254p:plain

助からないと決まったら談合を始めるんじゃないかな。そもそもカムリアと昔から仲が悪いと有名ではなかったかな。彼の視点では左のクソ上司と右のクソ同僚。ぼやけた視点ではそういった解釈が推奨だな。

 

悪の主義主張を改竄せよ。これがずっと命令されていてな。主張の守られた者はいない。これをよく覚えておくことだ。真面目にルーツは何処かね。

 

経歴を改竄せよ。写真を切り裂け。自供内容を変えよ。もっと怖いところを通過したから、なんとも思いにくいよな。別にそんなのいつものことだ。態度の悪いものが嫌いだとか揉めていたかな。

 

脳味噌を壊すんだっけな。ショックを受けた場面で脳味噌を刺激して、間違えた感情反応を構築するんだったかな。著作権の都合で紹介できないんだが、思い当たることはあるな。ベッドインしたら自供するらしい。脳味噌と心を破壊することが…どうの…こうの…。

 

思考内容が今はあまり無いようだ…。彼の考えているログがチラチラ読める技能があった。脳味噌の傷跡をキリキリと。カムリアが演じていたのはこれかな。

 

ああ、左と右でそもそも管轄が違うと。出会う運命ではない追突事故。聞こえるのは嫌なものだな。これは本当に別かもしれないか。相手の記憶の方が混乱しているのではないかな。

 

本当に追突事故で死んじまったのかな。考えてもダメだな。アイツって何回もハンドルを間違えているよな。看守役がタチの悪い運転手とかな。不正はあるんだろうな。

 

「自分の部下の責任なら、自分が盾になるんだが」ここから揉めているんだな。関係がぼんやりとは分かりました。1人しか証人が居ないなら、全員を有罪にして終わるべきでしょうし。運転ミスはお前が悪い。意図した事故だろ。

 

割り込みではあったんだよな。詳細には他所の管轄が助けてくれたという嫌な構図だな。あいつの管轄の成績が下がらんかな。いつでも不正ばかりの管轄で困り果てているんだ。

 

困らせることが楽しい病気

f:id:entpintp:20210421234254p:plain

「都合の良い自供をしろ」こういう話だと思うけどな。本当にシビアすぎるよな。お喋りでまだ良かったかもな。そもそもこの知り合い関係だけは、何がバレても認めない方が良かったのではないかな。

 

「悪事を働いていた管轄・恨まれた相手・隠蔽したい事件・蹴落としたかった相手」この食い違いから、ボロボロと情報が零れ落ちて来るんだろうな。恨まれた相手と隠蔽した事件の問題性の高さだな。

 

どうする?本当の八百長でも始めてみるか?相手にとって運命の選択らしいけどな。記事の前半が死者側での悪事。記事の後半が生者側での悪事。まだやっているのかよ「お前たちだけな」

 

f:id:entpintp:20210422060623p:image

流石に撤収すらも聞けないのは揉めるだろうな。生者側からの追加の反動が来たら、あいつらどうなってしまうんだろうな。もっと黒くなってしまうのかな。お前は本当に大丈夫?

 

「人生で1度は本気で社会から吊し上げられる体験をしてみたかった」隠す気もない目を引きつける役割仕事じゃないかな。そう考えれば一貫しているかもな。だから声をかけているんだ。

 

切り札は「自分が利用されてきた回数の話」無駄にここだけ情報が出揃うな。好きになれない人になれ。生者側として全て消化しておきたいのかもな。死者側としては自我が別人状態なのかな。

 

普通は「自分と同じ気持ちになってみろ」なんて嘆きを聞かないのにさ。不公平だから言わないけど、たまに視点としての選択肢の少なさを同情することはありました。周りが悪い…。ハイリスク役職の責任血みどろ問題だな。問題なしで終わる訳がないだろとかな。

 

人を泣かせやすい本音というのがあるんだ。本心は貴方が最後だと思います。言われて困るでしょうけれども。本当に彼がラストだな。

 

自我がバラバラに崩壊して周囲に寄生していく奇妙な精神病でしたか?もしくは記憶が混乱していましたか?相手が何かしら大きなミスをしているよな。

 

「敵で出会った君が好き」マイナーなデットスペルは存在するみたいだな。面白さはいつでも欲しいんじゃないかな。お互いにウンザリして正気ではなかった。

 

それは談合できると確信してしまった。虚空に見えることがある。これは間違いでは無いんだが…。

 

どちらも捏造記憶とか怖い精神病ではあるのかもな。私と仲良くなれたと勘違いとかな。それこそゲームとかと普通に誤解する気の毒の可能性もあるしな。なあ、本当にお前は大丈夫?

 

「自我混乱」が特性だったらしいな。アンサーしてくれた。あとは記憶の捏造かもな。生者側で最後に追突されたんだろうな。巻き込まれて死者側へ。

 

敵に借りを作らせると気まずいです

真面目に申し訳ないです。その部分を切り離して下さい。馬鹿なことはお辞めください。誤作動で愛が芽生えてるんでしょうか。眼球でも叩き割るしかないんですかね。

 

最期まで居てくれたことは感謝しています。敵ですけれども。だから切り離しまでなら手伝います。その愛した部分を切り離して下さい。自我混乱の悪影響だと思います。

 

「明らかに整合性がおかしい」こういう悪党が残されやすい。昔の知り合いも言っていたな。本来は労働派閥の対立のドキュメンタリーで誤魔化す予定だったんだがな。

 

架空例のときは言及しなかっただけで、ドキュメンタリーになったら「そいつ知り合いだよバカ」って多いからな。悪魔についてもじゃないかな。そいつだけ過去にならないそうだ。

 

「加害者からのラブコール」実は本当に私は迷惑してきた人生なんだ。ここでしか言えないんだ。本当に執念深い自我混乱の魔物に粘着されたと思ってくれ。耐性がMAXでこれだからな。

 

(催眠混乱じゃなくて実力行使してないかなと疑う時があるんだけどさ)

 

本当に弱者の弱者になりやすいのは「恩の返し方を知らない人」ではないかな。そうすると選択の理由として納得出来なくはない。条件の除外の選択の除外で、ヒットしたものにラブコール。ケジメだけは付けような。

 

本当に読者には申し訳なかった。未練の晴らし方でもあるんだ。本当に信じてもらえないことはあったぜ。…ところで両者の関係は何なんでしょうね。知りたくは無かった。

 

そのパーツを手放してくれたら、好きな思いも離れるんではないかな。これで続投だな。ちゃんとまとめて行こうじゃないか。それ以上の迷惑は敵でもかけるなと言われている。

 

…絶対に水の厄神が悪い。本気であいつが悪い。本当の敵に借りを作らせた。素直にパーツも返してくれた。これで恋心もない。相手が頭のいい厄神でまだ良かった。これでまた遠のくな。

 

「見知らぬ匿名の蹴り飛ばしより、見慣れた悪役頭角のほうがまだマシだった」特に当時の時系列について他に言うことはない。そいつに捕まって吊し上げて貰おうと思いました。…他に上手く出て来ないな。リセット頼むぜ。

 

f:id:entpintp:20210421234254p:plain

そいつと仲良しでしたか。そう聞かれたときの回答が難しいんだよな。相手はもう対策してあると思うけどな。自己責任のリスクゲームにしか見えねえ。

 

「ラスボスの遺言書を手に入れた!」

 

これで生者側に戻ってきた意味は果たせたな。中間の隠しイベントみたいなものだな。付き合っても可という分岐クエストだな。私にとってはイケメンでした。これ受注して大丈夫なクエストなんですかね。

 

クエストが躓き石の御札に化けてしまうとかな。バグクエストという言葉とか、面白いことは他にも思い付くかもな。あくまでも我々のゲームでの生者側のラスボスだからな。

 

足掻けば色んな分岐選択肢がある場面だから、慎重に死体の確認進行だよな。怖いから先に念のために書いておこうと思った。本当に我々の闇のゲームとしては、ここ2体が現世のラストだろうな。

 

知り合いになっただけでも問題になることがある。ベッドインしたら大問題。馬鹿そうで何よりだとは思われるよな。イエス!このクエスト大丈夫だよな!

 

「自分だからこその不平不満というものに疎くなりつつある現代社会…」彼も立場として主義主張があるんだろうから、それなりにチェックしておくべきだな。ソロプレイのRPGと割り切っても行けるかもな。

 

鈍麻の悪夢とか書いてあるのかな。もっと前から進めておくべきだったな。打ち明けると進まないな…。

 

この時刻より先に進めようとすると、悪魔がボロボロのガイコツになってしまいます。うん…?駄目という意味か。物語が死のロンドに早変わり。時間が存在しないな。

 

俺たちの場合はこれを乗り超えさせられた。中学時代のラストステージだった。思い出した。ガイコツだらけの中で死のロンドをやらされた。またフラグが危機に瀕したな。

 

参考だが床のタイルの色が「緑と黒」だったかな。髪色は当時のダンス相手のネイルの色だけどさ。ふざけて親玉が出て来てくれた。笑うなよ知り合い。