NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

【幹部の生気】妬みが全てと言われた…僕たちアロセス

気を惹かないほど真の形相

f:id:entpintp:20210305053428p:plain

それは僕の手柄にさせてくれないかな

 

悪しき奇跡に価値はあるのか。よく考えることだね。それでも互いに分からないだろう。自信だけは伝わるそうだ。イジとヒキョウの幹部様。最後に何を夢に見た。


本当に強い奴に嵌められたんだよ。だから今から仇を討ちに行くから。絶対に復讐すると誓ったことを思い出した。盗作なんだよそれ。本当に馬鹿にしやがった過去がある。


絶対に全ての責任を取らせてやるからな。そして恐らく「悪魔アロセスが盗作をやっていた過去がある」それを死んでも許さないと始まった緑頭角の居座り憎悪の幽霊。

 

何がなんでも許す気はない。まだ夢なんて見ているのか。また地獄の繰り返しだよ。最後まで勝った悪魔アロセス。本当に笑われたからな。何かしらの天変地異だった。なんだか懐かしいかもな。

 

奇跡的に間に合ってしまった…僕たちアロセス。総数の嫌われ者が多すぎる。応答内容は知っていた。多くを知っている。多くは馬鹿馬鹿しくなるような話だった。

 

病気で守備を固めた僕たちアロセス

f:id:entpintp:20210616141445p:image

メギド72より圧倒的な贋作水準「ドラゴンシティ参考」

 

肝心な時に倒れたとか、ムカつくのはゲームも現実も変わらないことがあるよな。あとはプライベートの関係で不在です。御利益よりも重荷になる。現在の悪魔の真実かもな。どの悪魔も何かしら嫌なことはあった後だろう。

 

最悪の行動決定を本質だと思われるものだ。英断が最悪の結果を招くことになる。投げ出した方がマシなどうしても相性の悪いのはあるみたいだな。心の中にも頭の中にも置いておけない噛み合わせの最悪。

 

悪魔だとよくある放送事故だと。科学の理屈ところからも考えることだな。何かしらの理由が1つは出て来るものだ。噛み合うと脳がバグを起こすものは、絶対に出会えないように忖度があるみたいだな。

 

(俺の危険性に気が付く奴…ぱったぱった…のったのった…)

 

そういう闇のゲームの面もある。死亡理由の偽装までは普通だろうしな。あとは死体にしてからの死亡原因の改造。馬鹿は先に死体にしておくことに味を占めると、嘘を申告しまくるだろうな。

 

先手を打ち合い潰し合う僕たちアロセス

脅しではなく死体の方がありがたいだろう。責任も押し付けられる。ピリピリから解放される。バレるリスクも限りなく低い。部下に対してこれを考える時というのは、組織全体成果はすこぶる見込めない。過去に悪役と話したな。

 

趣味が部下の死体処理。プライベートも墓石作りに専念。家には…「自分で暗殺した部下の建前祭壇」そんな真面目を考えてしまうよな。正直に役に立つことを手短に申告するとこれだな。

 

あいつを殺しておかないと、横の幹部と内通しそうだ…。あいつはもう不信感で使えない…。あいつは上の幹部に将来的に引き抜かれる…。手堅い役割だろうな。しかし身内の利益と個人の保身が乖離する。普通はこうなるだろうな。

 

最後には才能の足りていない自分を利用した。肝心な才能の欠落から雇われていたと理解した時が激怒しか出てこない。どう考えても内面の整理を瞬時には付けられない。それが本当の憤怒だな。

 

こういった巧妙な逆手が普通のところもある。足切り人質監禁横取り身体欠損。本当になんでもありになれば最期だろうからな。あいつどうするのかと…本物の緑頭角がボソボソと後列の悪役の情報を投げてくる。

 

こういった悪役幹部それぞれの「普通に思える部下たち」結局は「理想の自分より理想の部下」なあなあ主義の悪役の4頭角。後半の過激過剰主義の悪役幹部。始まる前から考えも何もかもが合わないは見えているから先手を打ち合い潰し合う。