NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

8-3:現実中編:極悪人架空例8「廃墟病院編」前編:だったらどうすればよかったのか

ーそんなことを考えるからこうー

f:id:entpintp:20210810214826j:image

うん…気が付いてはいけない悪役の区分に少しだけ気が付いた。本当の最後に何かの根底にある関心は分かるよな。少し遠くにぼんやり何か見えるような…。

 

「人生の夕方の時点で間違いが多過ぎると分かりすぎることがある悪役」

 

もっと果てしなくより良い選択で、歩み続ける必要があった悪役たち。悪役の中での手遅れになるまでの難易度の格差だな。

 

だから理解したからこそ…自分の才能で自分の首を吊し上げた形で終わりにしてやりたい。もうそれで終わりでいいこともあるよな。

 

どういうときに悪い奴でも「もう苦しまないでくれ」と思えるんだろうな。善意の代わりになるものが諦観しかないこともあるよな。

 

歯止めをかける善意の裏になら、何かが隠れていてもいいかもな。ちょっと難しすぎる話だったかもしれないな。だからもういいんだな…自分で気がつくしかないものだな。

 

(掘り下げたらルート上はこいつ孤立するよな…そこからマイク没収されたんだぜ)

 

意外と闇が違うとか根が違うとかその…あマイク折られた…。トラップミスが多くてさ…上手く潰したはずなのにな…ごめんブラックジョークだよ。

 

ーメッセージボトルを覚えているかー

いつか気がついて欲しかった本当のことなんていっぱいあるよ。そんなものだな。みんなすぐにいなくなるからさ。

 

悪夢が続いていたならば「2周目5番手」かな。ごめんなアロセルと見間違えた。ちょっとだけ似ていたものだからさ。懐かしいから泣かさないでくれよ…本当に…ああ。

 

汚いけどアロセルへの殴り書きのメモは残っていてさ。本当にどうすればよかったんだよ。アロセル…最後の奥義は「バルス」だよな。本当にもう泣かさないでくれよ。

 

おかしなことなんて沢山あるだろう。いつかもし生まれ変わってまたお前の元へ戻って来れたなら…いつかその罪が許されたなら。本当の懺悔のメッセージを見たことがある。

 

泣くことしか出来ないことがあるんだよ。もっと単純に解けるのに、それでも難し過ぎる解法を選択したいことがある。アンチテーゼになるそうだね。きっと帰ってくるからさ。

 

「人間の目玉がランプに見える」忘れようぜ…な…アロセル。妄想に駆られることでしか助からない…そんなことがあるのかな。

 

それでもその最果てに何もないはすがない…そんなことを思うよな。もし性格が良かったなら…そんな夢みたいな話は辞めよう。もうここまで散々だったのが現実だろうからさ。

 

たまに残酷な本音が出るよ。それでも疑心暗鬼の心はもう動かない。脅し合いになれば好きか嫌いか個人として結論がつくものだよ。

 

暇ならダイヤモンドでも描き足していたかな。