NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

遺作のラフ案でいこうぜ!

偉大なる悪魔アロセス大公爵

f:id:entpintp:20210805150730j:plain

アロセルの残してくれたラフ案の組み立て直しで「ダイヤモンド・オパール」まではクオリティが持ちそうなんだ。いやよかったぜ!

 

まさかアロセルが殉職して担当が…変わったとか体調不良による方針転換とか、難易度が上がりすぎたとか言えないもんな!

 

現実でエンカウントしたカードが「8・9・10・J」流石に無いよなと思うな。袋叩きにされて作品にして見せろと脅されてな。

 

「もっと綺麗に番号と順番が整っていたらいいのにな」はい…理想版なりの真実を整えて持って来ます…。

 

上手く作品としての順序の整理の着手

f:id:entpintp:20210812101011p:image

ガスンと黒を掘り当てた時ほどデザインも待ってくれと思うものだよな。

 

真実版は問題の難易度が高過ぎて2周目から後半が攻略不可能なんだ。2周目で奇跡的に得意分野で得点の取れた箇所だけ少し難易度を下げて前に倒してみるかな。考えたことに意味があると思っておこう。

 

アロセルが真実の筆者Bの人生だと1周目8番手…此処を作品としては1周目6番手に変更するしか無かった。ここが泣かせる話じゃないかな。人生と少しのフィクションの矛盾だな。

 

フィクションなりの真実の番号順。ううんそうなるよりは…アロセルをやはり6番手。そして謎の9番手にやられた。そうした方が矛盾は少ないかな。10番手以降は見えて来た2周目。

 

「俺たちしか残らなかったな」時系列と番号順の整合性の闇に吹き飛ばされた奴ら。そんな残酷な解釈も出来るな。本題はパズルだよな。

 

遺作のラフ案を付け足していこうぜ!

f:id:entpintp:20210814065953p:image

「たとえマジキチだろうと何かのヒントを秘めている」前書き。アロセルは楽しいんだがスカを引き当てやすかった。1周目は練習モードとか言いたくないよな。

 

名前が検討が付いたところは付いた。

❶Sennius

❷Pointless

⑤Aaron

❺September

⑨Medigal

❾August

 

「悪役素材のフリーサイト」とか適当に周りに将来的な夢だと言い張るしかないよな。どうせまたなんか被弾するだろ…真実の意味は災難ルーレットだよな。