NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

●極悪人架空例??:閑心編「流石毒親」

裏だけで潰し合いは終わらせよう

「物分かりの良さ」って言葉は全てを決裂させるからな
 

ううん…まずはせーので極悪人2-1、極悪人2-2、極悪人2-3と、居合わせた僕たちで陣地の乗っ取りでもかましてしまおうか。ああ、勿論ここはお互いに没にした話だからね。

 

何も殺しに来た訳ではないからさ。ただ君達はそんなに群れていると、狙われるとか考えないのかなと思っただけだよ。極悪人2-1の僕は沈没船の舵を握る魔物に見えている…占いとして覚えておこうかな。

 

どっこいどっこいの潰し合い

「打算学」おっとそれは僕のカード。裏が最初から全て読める人魔物の専門分野だよ。そして公爵が男爵に…君の言い出すことはいちいち危ないね。曖昧な笑みと似た視点…それは善悪を超えて人を引きずり込んでしまうね。ああ…。

 

「ビリでも俺は貢献度主義だ」ビリの安牌というのはある…うん、君の家でも例外として覗いておこうかな。悪役でも法律の申請は通せることがあるからね。確かにこれはアロセルと話していたように「普通の毒親」だね。

 

「保身主義の歩兵」は脅して投げ返して使うものだ。「オバケ」は此方から避けるものだ。「踏んで心の傷まない馬鹿で正直なもの」は歩いてきたそちらが悪い。もう凄い発想の極みだね。僕も立場についてだけは頭では考えておくよ。

 

f:id:entpintp:20211008160649p:plain

…内心の憤怒なんて聞かないでよ。立場としては困るから。

 

「諦観と憤怒の帝国ゲーム」

「人が正直に向き合うのは2回まで」その機会を独占しようとする教師…ああ君の処刑はタンマかな。僕に不利なことを何回か書けるかな?有能な生徒の独占…大体はまとめだけでいい…世界史という目の上…。

 

真理なきものの勝ち取る真理…時間進行と空間進行…。君の笑顔が曇るところを見てみたいと言い出した悪役幹部が…盤面をギーっと56に合わせる。566556…。最も人の醜悪な問題が分かる盤面に…。不利な座席からは逃げ回れ…。

 

僕の個人的な価値観と反する悪役が他にいるんだね。意外とありがとうな情報だ。

 

失言:おしゃぶりを咥えてギャンブルかよ(悪口頻度は高い)

 

乗り換えのない天国と地獄

ああ…ジョーカーで何回も上がるしか無かったガキか…「レイヤー:916~918番」何だか他人ながら気の毒だね。規則でそこの裏道しか通れないんだよね。

 

1回目は10点…2回目は30点…3回目は70点…4回目は60点…5回目は90点…6回目からは平均で75点。性格に食い込んだ物体か。此処からは聞いたことのある話かな。

 

みんなの考える最低限の違い。これで取り合えずは申請しておけばいいのかな。バランスブレイカーが多いからね。天賦は時間を短縮しよう。それは後列のカードかな。

 

「君の眼が潰れたら家に帰してやる」逃げろ逃げろ…何処までも。