NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

2-5シビアメモ:人生の夜中のまやかし学校の試験「残忍論争」

道を踏み外した過去のこと

その年で何を言い出すのかと思うよな「不誠実としての悪党」という話し合いをしているんだ。悪役だって全部の不誠実に追いやられる気はないものだよ。

 

f:id:entpintp:20210320031325p:plain

筆者Bが登校していた「まやかし小学校」の高学年の担任の先生

極悪人架空例2周目4番手「反面教師編」

黒板に向かってチョークをガンガン「単にお前を潰しておきたい」

 

f:id:entpintp:20210430044551p:plain

筆者Bが登校していた「まやかし中学校」の担任の先生

極悪人架空例2周目4番手「条件死刑編」

まともに授業を進めてくれない「目的のことしか考えてないから」

 

f:id:entpintp:20210801145442p:plain

まやかし側の中学校で道を踏み外した。保健室の先生役みたいなものだな。そもそも俺が通えていたまやかし学校ってボロボロの廃墟状態みたいなのだったんだが…。

 

過剰な頭脳労働のオーバーワークを続けてきた先に、泣くしか無いような誰も知らないことを思い出したりするんだよ。悪役が道を譲れと言ってくる。これが私の知っていた本当のゲームの難易度だな。

 

悪役だって周りの全てを見捨てたいことがあるんじゃないかな。悪役のガッツゲージ…空に散らばっていく手札とかな。すると本来の2周目8番手だな。本当の偶然に目を回して見えることはあるかもね。もっと後ろの番号が燃え尽きて降ってきたのかもな。

 

想定していたよりも疑われる事がある

冒頭のイラスト案は「DIE」が出て来る前のものなんだよな。もう出て来た後なんだよな。まあ…冷淡な気性がプラスだね。突然に降りかかることもあるものだよな。それなりに生きる気のあった頃のことだな。

 

社会の「ブラックバス」について教えてくれるらしいな。まあ「個人として肩を叩かれたら誰でもおしまい」このくらいしか返事はできない。

 

悪役の妨害って何処までセーフなのかね。悪役同士の潰し合いはまだいいよ。真面目な正義と悪役の創作だと厳しいラインだろうね。内的核心に話は移るんだろうけどね。そうだな、真面目に断罪するならな。

 

ガシンと思い出の記憶を削り取る。何でもありになったらもうおしまいだな。言われてみたらその程度の価値の記憶かもな。記憶デュエルとかでも始めるつもりだったかな。話し合うなら用済みの残忍についてだろうかな。

 

…こうすれば「焦土作戦」に持ち込めるじゃないか。追い詰められるとどんどん怖い作戦を自力で思い付く悪役だったな。ここの時系列の暗中で何かあって「引揚証明」を優先実行したんだろうね。

 

それより何処かに行方を暗ませて潜伏を続けろ。水面下から仲間割れ工作でも続けて自発的に瓦解したように見せかける作戦を優先しろ。

 

鉄壁が切り崩されるまで「グルとの厄介」

単純に見えて実際に狙われると、物凄く対処に困る計画手順なんだろうな。反逆を起こして取り返しようがない。鉄壁タイプだな。

 

「チョイスの回数が少なすぎる」区分は知能犯としてもルーチン判断で殆ど勝利出来てしまう。この点から非難されて劣勢になったらしいな。脳死プレイになりやすい手際だと何か分かるかな。まさにソーサレスSR。

 

f:id:entpintp:20210406202805p:plain

「灯火管制編」どちらの陣営も命令が滅茶苦茶になった。本当に何処を潰して変えればいいのか分からない。お互いに暗中に目隠しとは知らないだろう。でもさ安心感の使い道を間違えすぎるよね。この悪役が当時に電話で怒鳴り合いをしていたのが2周目3番手だな。疎開先の小学校で悪役幹部同士の怒鳴り合い。ほらヒントはくれてやったのに。

 

f:id:entpintp:20210815213817p:plain

同じことの繰り返し。お前が死んだら俺は引き揚げてやろうかな。お前もあいつも大嘘憑きじゃないか。大丈夫大丈夫をいつもいつもいつも…「信じて選んだそいつはもう既に他の悪役幹部の内通者」やっと帰ってきたら…。

 

暗黙の悪役仲間からの曖昧な皮肉の手旗信号編から、何も真実を教えてくれずに笑われるだけの灯火管制編へ。困っているのは僕のことなんだよ。そんな歴史の話なんてどうでもいい。僕が情報飢餓に追い詰められたことだけが問題なんだ。

最強のグッドサイコパス

 

過去と未来の話に付いて行けるかな。最後の知能テストのシャトルラン。背丈を合わせると、お互いに振り回し合う相性ランクだな。あのイラストは小学校の自分から見た手旗信号編の最盛期の自信過剰だな。

 

そして死体にされて引き摺られれば中学最後の責任の首へ…。悪役仲間も何も教えてはくれない灯火管制編へ。ついに僕の本当の悪業が露呈する時が来たのかな…命令滅茶苦茶大混乱はいつものことだよ。だって時間そのものがおかしくなるから。

 

エコラリアとアナウンスに気を付けて「逆が成り立つとき」

「それでも生物として味方になりたいことはないかな」これがパネルシャッフルを食らった結果だな。もっと堕落させられた。それでも味方になりたいな。もう見捨てないでよ…美味しいリンゴを1つだけくれと言うのはそんなに駄目なことなのか。それを教えてよ。意訳:どんなに大事にしても枯れて行くものがあるだろ。

 

隣に寝かせてみれば深夜にボソボソと独り言が聞こえて来る。我が主人に背くものよ立ち去り愛を受けられる資質なき…「お前は何を話しているんだ?」知るものがいないことを言う。目の前で恩知らずの度胸は備えて無いと返す…。何でそんなに自力で押し返すことが早いのかな。

最後はもう個人を投げ打った。答えが分かればそれでいい。調査が所詮は使命だから。執着もリベンジも嘘だと思うと良いよ。

 

f:id:entpintp:20210815213817p:plain

「アナウンス能力者と戦うと判断の最適解が無くて憤慨するように出来ている。もっと聴く側が馬鹿なら混乱するだけ」また1つ学習出来たかな。学んでいかないと同じ戦法を返される。ちゃんと学べているかな先生?今はそちらが教師だよ。どうにか漏洩を起こさないかな。知恵の捕食が本能なんだよ。

 

旦那様に尽くすように、滅私奉公するんだよ。チグハグワードで何かを探り当てようとしているように感じるけどな。詮索のための鈍感無知のフリとかな。前は信じ過ぎた。今は疑い過ぎた。

 

時間冒涜の罪を捨てるから話を続けて欲しい。それは自分が大人になった後の容姿だった。相手がそう宣言してな。実ることの出来ないリンゴ。自分で愛して実らせた。実るべきではないリンゴ。
「禁断のきのみとか食べましたかね…代償で錯乱するとか」もう少し書き手に知識があれば何か会話が派生するよな。少し待ってくれ。何処かの悪魔の畑にでも忍び込んだかな。たとえば悪魔アロセス。戦争中のどさくさ紛れに大事な倉庫から盗まれた家宝がある…?

クエスト「家宝を取り戻して悪魔アロセス大公爵の不祥事をもみ消そう」

 

エコラリアがとても上手かった。小さい頃は病気と間違われた。相手が隠していた特技だな。隠し能力は山程あるから気を付けて。フラットなエコラリアを連続(rally)させるのは難しいんだ。悪役も相手をよく見るようにしないといけないことがある。善意の資質と思いきや飛んでもない。

 

「単独行動を選択した方がまだマシだ」で延焼地獄の結果論の祖国の大逆鱗に。1周目から問題は見えていたよね。その引揚証明ならば此処が終点なんだ。エンショウジゴクの自業自得。苦手は触らぬ神に祟りなし。その場の怒りは仕方のないことがある。唖然とするまでやってのけることだ。

 

とてつもなく他者には難しい話術の悪手を模写させようとすることで、相手を手詰まりにして1歩後退させることが現実的だな。悪魔アロセス公爵が此処で足止めを食らっているのはこれなんだ。卑怯な歓迎願望の露呈の模写が難しい。本物の弱点だな。構成元素の塩梅をとてつもなく難しくするだけでいい。逆に悪魔アロセス様の倉庫にないものは何だ?何かの在庫が切れてるらしい。

 

「それでも常識を知る機会から脱線させることには成功した」負け惜しみではあるけれどそれなりに有益なバトンは残したつもりなんだけど。特殊な子供はどんどん普通集団から追い出していかないと。こうした経過手口の中立寄りだな。

極悪人2-3(証拠隠滅型)が極悪人2-5(その場での逮捕まではダート)を責めている。その悪役の考え方の違いの前提を最初に理解した極悪人2-4。しかし…みんなが生きたい社会か。

 

f:id:entpintp:20210814065953p:plain

逆手で何でも調べてくるぞ。2周目のコンセプトがようやく分かる。天与だけでは生きていけん。