NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

●極悪人架空例??:未来編「悪と成りゆく未来の前に」

1盤面:労働基準時間は守っていたつもりだが

f:id:entpintp:20210906011843p:plain

労働基準法を遵守していたとは言っていない。そもそも戦時中の子供たちの労働についての教科書を読んでみろ。そんなものは無かった時代の方が長い。そもそも労働基準がQOLに適切なのかも判明していないのが現代だな。

 

意外と子供の労働が普通のことだった時代の方が長い。だからすんなりと子供は歴史の本能として従って働いてしまうものだ。なあ、これで説明として納得してくれないか。辻褄は合わせて来たつもりなんだが。

 

2盤面:簡単だと安心させれば追求はしなくなる

f:id:entpintp:20210916200934p:plain

それでもいつか大人になれば…俺を社会の癌細胞だ。気持ちの悪い切り捨て対象だと笑うものだ。議会のテーブルの上の俺はこういうものだ。もう俺は故郷に用は無い。目の前の現実を見てくれていないじゃないか。

 

その…「お前が怖くないように」だから見た目だけでも…言い訳が何も通じないよな。

 

だから「俺を俺としてここで終わらせてくれ」

 

f:id:entpintp:20210916200940p:plain

ツケは来るように出来ている。大人は暗黙にそこまで把握してから好き嫌いを決めているものだ。ツケを理解していない子供のうちだけしか嫌悪感も無いだけだろう。それでも分かってしまうよな。元が自業自得なんだ。

 
「思い付く手法の順番を間違える過去のブレインたちのせいで」シビアな小説なら此処が終点だ。

 

あれ?なんだっけな?ハイジャック犯の後から、爆破テロ犯が来た。担任の先生はそう言っていた。これは戦争の前触れかもしれない。そして卒業式のベルが鳴る。

 

3盤面:負けたものから片付けていこう

f:id:entpintp:20210630190821p:plain

怒りが大爆発して反対側までトコトコ駆けつけた僕たちアロセス。なんなんだあのクレイジーモンキー教師は。

 

上への安心感からアンポンタンになるってあるからな。安心すると人は育たない。いつでもこれで平和な国家は喧嘩を吹っかけても簡単に言い負かせてしまう。まずは平和を壊すことが真の人材育成となる。

 

「片棒を担がないとどうなるか分かっているんだろうなおい餓鬼ども」生徒をこうして脅して順番に片付けていた。殺した分は見えないところで作業をさせていると教えていた。反面教師というんだ。裏の顔が悪意の脅し屋だったんだ。

 

史実では「偉大なる悪魔アロセス大公爵の名誉挽回の起死回生」により大軍勢を率いた圧倒的な戦闘を繰り広げた末に、無事に首が落ちたことが確認されている。僕は偉大なり。

 

4盤面:俺の用意した優しい嘘は空繰り屋敷のようだ

f:id:entpintp:20210801145442p:plain

嘘から出た真か。本当に戦争が始まるらしい。不信の言葉を呪いのように教えておこう。こいつをまた使い倒せば理解するはずだ。所詮は悪党は「舐め腐りの業」が本体だ。

 

f:id:entpintp:20210912055621j:plain

舐め腐りが判明する前に…な。俺も死にたいものだな。潜伏型の病とよく似ているだろう。どんな性格だろうとこれで丸ごと括り付けだ。最期に出て来るのは舐め腐り。決して傲ることなかれ。不動の性根を見る目は真っ青だ。知らぬが仏を知ったかな。