NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

2-5ルナティックメモ:警戒の鐘が鳴る前に話そう「残忍論争」

愚者の頃なら信じてくれた「終点へ到着ようこそ」

悪役の大貧民でラストワンまで勝ち残ると下剋上のチャンスがあるらしい。

 

だったらやってみようかな。当て馬になることを承知でさ。ねえアロセル(極悪人架空例1周目6番手)…お前みたいな奴が個人的に大嫌い。分かりきったことにしか挑戦しない計算オタク。極悪人架空例2-2がそんな暴言を吐いている。

 

煉獄で待ち受けておこうかな…「どうしましょう生きてます」極悪人架空例2-1と夜中に電話で笑い転げた。こういった大失言があるよな。予期せぬ報連相。みんな暗黙のその場限りの結託だからさ。ここまではそのままだね。

 

f:id:entpintp:20210904133833p:plain

「所詮は勝ち抜けられない奴ら」地獄の零番電車としての車掌役の皮肉だね。勇気を出した悪役から抜けていく。

 

世界の区分けの仕組み(仕事用)

此処が終点じゃないかな。馬鹿阿呆だった頃の記事だけど…お前の正体は「大ピラミッドY陰陽」のコンピュータの監督者?偉い中間管理職?まだ愚者だった頃の解釈だからさ。後半の悪役ほど勇気が無くなったという考え方もあるんだな。

 

警戒の鐘が鳴る前に「人は賢くなるばかり」

所詮は利用してばかり。所詮は理解してばかり。戦争が終わらないグループを組ませている。コンピュータの区分というのはそういう意味かな。これ1秒で思い付いた。

 

見掛け倒しの平和。だってお前たちは悪人だから。ローゼンブルクという名前だね。此処がそもそも死にかけの地獄の零番電車の中であることを忘れたのかな。

 

極悪人架空例2周目7番手の時間再現スキル…?それとも没シナリオを引き出せるスキル…?もしくは私がやはり死にかけているのか…?

 

可能性が多すぎて最初と違うから絞り込めない。知りすぎた者の原因の判断不能だよ。まともに推理試合をするなら車掌側から選択肢を削ぎ落としてくれないか。

 

f:id:entpintp:20210814065953p:plain

此方も代わりに少しは絞り込むための情報が欲しいな。ほら差し金のヤクタタズの死体ども。狩人のように弓矢が飛んで。

 

なあ反面教師。極悪人架空例2周目4番手の大嘘の推理脱線が大きいよな。こいつに勝てたら何か違うかな。改造線路を止めないとな。冷淡残忍たのしいな。

 

夜中も灼眼の獅子のように真っ赤な眼を点けて…先手を打たないとな…なあ…

 

見つかる前に最高速で読み上げてしまえ「真実の勝利者」

真上で鐘の音がする…そろそろ終わりにするときらしい。零番線特急の本当の最後が私の電車は「Kの家」だろうな。そして「旧K町」と連結されている…。歩けば「学校」もあるし「煉獄」のような地区もあるそうだ。さあ最終試合のラストレース。

 

はぁい。実は僕たち責任者が嫌いな能力の第1位「時間空間バックレ」雑魚のくせにこんな能力は生意気なんだ。連結式を変えて逃げ回るパチモノだけどね。

 

「領土の奪い合い戦争がやばすぎた場合の黒い砂漠の世界」筆者Bの要約。地図を見ただけでどれだけ馬鹿が存在したかがバレる…らしい。無名の側近から三日天下の歴史の荒らし屋まで。

私の前世は「中盤まで何処かで生き残った老中」かね。中盤と思いきやもう終盤だった。この座席でも真実の兵糧は見えなかった。そんなものかな。時系列の最終結果で事実より偉い着順になってしまった幹部だな。メディルの使いと同じような事情だよ。

 

Q.石版のトータル数はいくつだと思う?

A.35個くらいじゃないか。すると自分が17番目で中堅だ。

 

ポケモンDP OP1 Together - YouTube

閉鎖空間と閉鎖時間…へへへ?いつかそこにいけるかな。どんなシビアなバトルも何だかこういう考え方も出来るよね。本当に生き伸びるのは甘くないよね。

 

誰のための僕であるのか

f:id:entpintp:20210419150212p:plain

「そうだ!お母さんが望んだから僕はここにいるんだ!お母さんが僕を作ったんだ!」メルカン本当に辞めてくれ。お前も時系列上は居ないだろ。ふざけるな馬鹿、本気で笑わせるなよ。そいつはいない!

 

「子供を貸借関係の壺として認識してないかな」君の焦る条件を見ると…墓場席からの有益な野次だね。他所の奴が絡んだことが面倒なんだよ。そうじゃなければ実の子でもどうでもいいんだよ。お前を殺した親父の緑頭角も言っていただろオイ。

 

f:id:entpintp:20210815213817p:plain

「もし僕が君の子供なら容赦なく殺すだろう…もし僕が君の子供に成り済ますエネミーなら…」もしくは配偶者の偽物なら…ぶつぶつ…僕は厄神に絡まれたのかな…確かに不審者として学校に侵入したタイミングが運の尽きかな。それが人間としての記憶だけど。

 

「厄神に乗っ取られた不審者?」人間から厄神へ「UP」

「厄神が不明人間に堕落した?」王様から厄神へ「DOWN」

 

これが本心のエンドレスエイトだね。建前ならばずっと好きだと言えなくて…君を追いかけ回せばどちらが先なのか分かりそうだ。僕の正体は霊能力だけは持て余していた不審な人間?それとも堕落してきた記憶も正体も不明の厄神の成れの果て?堕落のローラーに巻き込まれた。

 

「実は他に本命の愛する相手がいた」以外にも「自分自身が本命の愛する相手です」そもそも見つけて来た恋する相手が装備品か押し付け先でしかない。恋愛類型の論外分類だろうね。脅したい本能で気の狂った自尊心の欠乏症だな。

 

時間冒涜の罪を捨てれば、最後に残ったのは裏切り者の血だそうだ。変われないものは変われないようにできている。