NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

●極悪人架空例17:後編「悪魔の騎士が背後を通り過ぎていたな」

悪魔の騎士がいたような「恐れ知らず」

f:id:entpintp:20201105022003j:plainf:id:entpintp:20201210212318p:plain

…実は最初に頃に偶然に触れた、悪魔アロ公爵を持ち上げて「He is a Duke」と単騎の騎士だと馬鹿にはした。いつも人間は馬鹿すぎるという顔をしていた秘蔵写真がある。

 

f:id:entpintp:20210124184457p:plainf:id:entpintp:20210526043116p:plain

…あのさ、すんごい嫌な予感が当たるんだよ。魂の王とかの監督じゃないかな。見た時に魚のシラスの集合を思い出した。蝿の王と同じく死んだ雑魚の集合体の総監督。

 

f:id:entpintp:20210926234033p:plainf:id:entpintp:20210905033105p:plain

ああ陥落はしたんだがな…かつての黙秘王者。談合関係で黒を引きやすい。生首のストックの関係と指したら切れた。そんなことをしたのは俺じゃないとかな。

 

f:id:entpintp:20210324014430p:plain

…何処で根負けするかって勝負じゃないですかね。Tender lumplings everywhere
Life's no fun without a good scare。そこまでは本当の自力だよ。

 

高く付く悪魔アロ公爵「教え過ぎた」

f:id:entpintp:20210917012846p:plain

…絵が遅れて申し訳ない。数日前も猿轡を付けて出撃前の騎馬のように調子をこいている悪魔アロ公爵が見えたんだ。そいつの本来の悪魔の身分の末路だろうな。

 

まずは力が欲しい奴に付け込むなんて当たり前だろ。タイプ5としては少し笑うんだけどさ。本当の弱いものを探すのが上手いだけだな。

 

f:id:entpintp:20210616141445p:plain

今はカボチャの山に何かを隠して、とことことレベリングのふりをしてやがる。他の悪魔のどうしようもないようで、洒落にならなくなった後の祭りの罪状を教えてくれているな。決して傲ることなかれ。

 

王様と側近は仲が悪い。王様は側近を遠ざけてる。側近は王様の皮肉ばかり。王様は怠け者すぎる。側近は働き者で頭が良すぎる。作り話で悪魔が泣くな。難しい話をしないでくれ。

 

悪者でも忠義を守りきれるときの話じゃないかな。永遠に悪者を座らせておいても可能なことがある。

 

俺の派閥は強欲だろう

そのまま「悪魔の騎士」に武装した落ちぶれた魔物の幹部のイラストを描けば、此処はパネルとしては正解だな。メタルとアイスみたいな原色まで地に堕ちたな。

ギロリと下を向いているだろうな。権力を手放していないフリの絵図だな。そいつは最高位の頃の記憶は手放せと宣告されているだろう。

 

負けて冤罪の連鎖が終わらなくなった雑魚の悪魔でも見に来たのだろうね。イケメン。人間は自分の種族が可愛くないのだろうと、そのときのゲーム画面を観て返されたな。

 

f:id:entpintp:20210927014006j:plain

「我が身が惜しい」の頂点の悪魔かな…うん…恐らくは…「派閥が強者の闇は深い」せめて話してくれたら強欲の戦争だな。実戦経験の少ない兵士の話をしているな。参考になることは多い。

 

負けが確定した派閥が「弱者と責任者」を殺処分するのは当然だな(Red)。勝ちが確定した派閥も「弱者と中間首」を切り捨てたがる(Violet)。後者を当時は考えた。

 

極悪人2-2が「俺を何回使い倒す」と極悪人2-7に訊ねていた。極悪人2-5を使い潰しておけと裏で脅したそうだ。この時系列のイベントムービーだな。大貧民が確定したもの(2-5)から地獄の下り坂が内定したもの(2-2)まで。