NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

数字の8は負けられない

何なんだそいつは!

そいつの騙しにすらも気が付けないのか!本当の大罰当たり!俺に怒鳴らせるな!

 

…待て、普通ならこれこそグルを疑われるよな。俺より明らかに騙しに来た部外者の悪者を成敗した使者のフリをした俺自身。待て。本当に高度な嵌めじゃないよな。

 

こればかりは勘だろう

さてどうする…所詮は俺はゲーム画面だけでいい。さあどうする…。こんなに瞬間の判断に迷うのは初めてかもしれない…。

 

他の魔物の親玉か…俺だけだと考えていた節はある。俺の考えが甘かった。さあ俺より怖い奴がいるとは思わなかった。行き先で使者の天秤とは流石に話に困る。

 

もういい…また俺が炙り出して…此処まで勝ち抜けた俺を舐めるなよ。所詮は開幕の先制攻撃がこういうのは最も手早い。先に消した潰した方の勝ちだ。

 

もう眼を伏せることはあるか

…ちっ…他の親玉か魔物が見ている。そんなことは考えていなかった。意外な方法の正々堂々の卑怯で開幕の処刑を躱せてしまった。運が俺に味方をした。

 

運が悪ければ終わりは同じの悪役だろう。単騎で周囲を把握するまでのドジが怖い。引くまでひたすらに恐喝だろう。相手を蹴落とすしかない。所詮は親玉はもう味方をしていない配下だ。

 

f:id:entpintp:20210413211314p:plain

その憎悪の眼ばかりは奪い合いを勝ち抜いてきたものの眼だろう。ご苦労だが所詮は山札のカードゲームだ。倒されてしまえばそれまでだ。出て来た開幕の土地のリアルラックが死ぬ程に悪い。相手の魔物の運の尽きだ。

 

それでも…俺は…勝ちたいから…勝つべきだから…どうする…「先にどこまでバレた」