NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

●極悪人架空例??:考察編「諦観と憤怒の帝国ゲーム」

まずは真面目な看板を出しておこうかな

不平等からいつか勝ち上がれ。それなら真面目な雑談になるかな。ちょっと不平等について話している人間というのは、憤怒で正気ではないからね。冷静な議題の不平等を理論として理解する冷静は中々いないよ。それは俗に言う冷酷だから。

 

腹が立つが互いに手は届いても直し合えない。上手くいくはずのないミーティングという談合。不平等なんて言葉が逆に腐敗を招いて終わることの方が多い。神は人に火を与えることすらも考えたそうじゃないか。

 

マシかどうかの話をする頃には、何かしらの的が外れている。自分だけの脱線の法則を覚えて防止。そんなに他人の脱落を待つだけで本当にいいのかな。やたら脱落の多い場所を作ることも、カジノを作ることみたいなものだね。

 

そうだな…そろそろあいつを利用しよう。上手く利用出来そうだ。奇病難病では取り合う訳がない。丸ごとグシャン。こいつに宇宙で最も残虐な前科を付けておこう。あいつは舐め腐った態度で線路の上にいた。悪の大人に加担する子供が個人で嫌いでね。

 

はいはい、これ以降は打ち切りだね。

 

後ろから見ていても目障りになる

うんうん、君の進めている難易度のゲームの調子が悪いと…。君は気が付かなくていいよ。ちょっと悪人でも意地悪が過ぎる。そこの青頭角が僕の本当の邪魔者なんだ。俺から指揮棒を奪いに来ないかと君に挑発を続けているね。

 

下手でも迷惑じゃないハロウィン…それを続けている弱者の悪役の方が、意外と本気では僕の迷惑にはなりにくいんだ。単に騒がしいのは嫌いだし、本当に指揮棒を君に取られたら、情報漏洩で僕の憤怒の爆発が終わらない。

 

ああ、いざ摘発されたら病気のフリ。それも何人も。流石に踏み付けられた雑魚は違うね。僕たちも狙うものは考えるのが当然だから。おまけに真実を隠蔽してダンマリと。子供の中で大人の悪になったものは違うね。

 

オリハルコンなら安心して欲しいと言えるだろう。極悪人1-2のオーセスの解答かな。幼稚と創作のド安牌。随分と余裕のある社会の発言だね。現代では悪は口減らしに必死なんだよ。

 

執念深く追いかけても真実なんてまともに分からない。そう思わないかな。何を追いかけるかはそれぞれだけどさ。人生なんて上手くいかないようになってしまうものなんだぜ。実は僕も出世が上手く行かなくてさ。

 

あれ引き摺り回された。リフトが切り替わった。オバケが多くて見えないな。迷子の迷路のこれは酷い。居ない居ない居なくなる。立ち去るものは出て行けよ。そのくらいにはディストピアにしか見えていないね。

 

此処のディストピアの裏切り者の地獄の最終ペアだよ。君は立て籠もりで大正解かもしれないね。殆どはボロ負けした悪役幹部だよ。上手く他所も戦争でお互いに有能が死んでくれた。

 

ざまあないね。馬鹿じゃないのかと思う時は大体は正しい。あれはなんだと思う時は大体は間違いない。指揮官でも逃げて正解のことはある。


誰が誰を仕向けているのか、誰が嘘つきや幻影なのか、もう訳が分からないしな。僕たちでも真贋や繋がりが分かりようがない。お互いにある程度は隠していこう。話が面倒なだけだしな。うんそうそう、領土と責任。最悪の盤面を避ける運転。

 

僕もそろそろドツボの時代かな

単にひたすら武器を掲げて片っ端から侵略してくる皆殺し目的戦争が最強クラス。嫌な思いをしたくない。まだ美味しい思いをしたい。こんな価値観が生きているのかは大きいよ。

 

普段は見向きもしない因縁だね。おまけに禁止グルを見られた。そこがドツボの始まりだ。連れて来た極悪人2-3がロストタワーの王者として有名。そして他の掛け持ちの盤面の都合で放置している時間も長い。

 

ロストタワーの「塔」の中で破滅の「ミンチ」ああ極悪人2-2と極悪人2-3も禁止グル。これは僕も何か嵌められて来たようだね。それは流石に監禁袋叩きのことだから、僕たちだってしないことだよ。

 

「架橋の幻日」ところでよくそんな言葉が配線跡地の暴走路線とはいえ出て来たね。僕も僕で何処かで記憶が抜け落ちているだろうから。迷子の場面でその台詞が出る…。

 

絶対にそこだけは信じているからさ「痛い思いは嫌だ」

 

なんだか1つの叛逆を許さなくなる。悪役幹部にも小競り合いと理想の部下があるんだよ。ロールプレイングの経験だな。こういった立場から来る恨みというものにも、心理への梃子はあるだろうね。