NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

●極悪人架空例番外地:「失墜クロックのトウ下ゴエ」

ー片方にしか残らない屍ー

f:id:entpintp:20210406202805p:plain

みんなが大好きな悪意の権化

 

はい「峠越えのラスボスシャッフル」

 

ああ組織の友達は随分と前に売り飛ばしてしまってね。取り残されたのが僕。
いかんせん誰を取り置こうとしても少し目を離すと、恨みで磔にされているものでね。

 

ああ、あの肝心な場面で騒いでいた打算的な馬鹿のことかな。見えない死体をお互いにシャベルとスコップで処分しているんだが。長持ちしたものはやはり数体しかいない。

 

ー終わりの鐘を前にしてー

f:id:entpintp:20211115181547p:plain

此処は僕が勝ってしまおうかな

 

有能だと信じてはいけないね。馬鹿じゃないかはいつでもだろう。まだまだ買い足したい物があるらしい。悪役でレベルが上がり続けるものは仕方ない。居て在れるのだろうね。

 

そこにいて在り続けるために…そういう話だ。存在と心理の話は悪がチャラにしてくれる。

 

固着と硬直と超克と陶酔。適当に考えたらこんなものだから仕方ない。もっと簡単な熟語の盤面をくるくる回るだけの駒もある。固着は難解にしか逃げ道が無いのだろう。

 

ー固着を守備するための戦争ー

f:id:entpintp:20211020180727p:plain

僕たちのことはいつでも筒抜けで

面子に組み込んだものが手口となる。つまり組織の面子から弾き出してしまえば固着はそいつのせいとなる。吹っ掛けてしまうなら、組織の守備の横領罪だな。

 

守備力の横領罪か…それを言い出したら「本当に自分しか残らない」本当に守りたいものが無いから誤解で爆弾を守り抜くこともない。変なものばかり選ぶように出来ているよね。

 

守備の固着と横領罪…良い事を聞いたから待つには待つよ。子供の頃からの手遅れの多さが生まれと言われるから嫌な話ですよね。悪を選ばない回数が愛想ですよね。

 

ー掻き消された真意の路線ー

f:id:entpintp:20211102211703p:plain

独り残されたままに指揮を振る

 

そうだね、僕はラスボスの贋作だね。難易度イージーでしか出会えないから大丈夫。ゲームの中でしか出会えない。都合の首は僕の方。