NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

BOSS:不都合だがマズイな面白すぎるか

ゲーム画面:狭い水槽の中にはアインシャーク(1-6)

f:id:entpintp:20201105021822p:plain

話はこれで終わりだ。さらばだ3周目の骸骨どもよ。責任者と監督者の本能を舐めてはいけない。単に責任問題が嫌いなだけだ。怠惰の業の「焼き回し」だ。特に俺に問題はない。今回は恐怖の鎖は発動しない!

 

ゲーム画面:金は命をカードに変換してくれる(3-5)

f:id:entpintp:20211018030708p:plain

おい元気か反面教師。どうせそういう話だろう。3周目のあれはもうマイナス地獄に落ちた後の悪役たちだ。意外と天才か美貌かの揉め事じゃないだろう。

 

3周目の骸骨軍団Zはもう自業自得で、最期の最期まで契約を自分の意志でやらされてしまった悪役たちだろう。地獄の底まで追い詰められたという意味では、2周目よりも遥かに責任逃れとしては弱者。契約社会の最弱者層。

 

グロい話だが分かりやすく「判明するのは遅かれど物理的な暴力団の陣形」でチャレンジしていたものだと思われる。無駄な才能開示の悪事の結果は勿論のこと玉砕粉砕の木っ端微塵。

 

しかし骸骨状態でも殴る蹴る怒鳴るだけなら無駄に強い。没のオリキャラの絵だと思いきや飛んでもない。悪役が大喜びで飛び付き始めた。生きていた頃のそいつだ。そして出て来た親玉の魔物が今更になって見つかった。もう死んでいる。

 

発売元:真犯人を見つけて来る畜生を殺したい僕たちアロセス(4周目)

f:id:entpintp:20210805152505p:plain

「そもそも才能を開示しないと勝てない無能ども」手札100枚超えからが当たり前。僕たち悪魔アロセス大公爵でも顔が真っ赤。此処の2周目は地球最強の頭脳組織になれる。真犯人を見つけてくるな死ね死ね死ね死ね!DIE!

 

さて作者に真面目に話を戻して、3周目で作者の人生に「悪役の暴力沙汰」として取り返しのつかない悪影響で食い込んで来てしまったのが、極悪人3-5の「アレル」という悪役だな。開幕で性犯罪をやってしまったのはアロセルではなくこいつだ!

 

しかし大物枠の3周目の骸骨軍団Zからの責任首はいつでも1つ。この暗黙の了解を考えるなら「極悪人3-7が渾身の大嘘大会を始めた」途中で極悪人3-5と電話の入れ替わりをしたフリの可能性があるだろう。つまりアレルは登場しないが死亡済みのパネルだ。

 

最適解は「極悪人3-7が極悪人3-5に入れ替わり逃げたフリ」でただの仮装で済ませる。自己暗示で相手が裏人格として昔の仲間を呼び出している可能性が高いだろうな。やはり自分だけが責任首で取り残された。ゲームアナウンスだな。

 

「ああ此処で過去の仲間のアレルが名義として死んでいるとバレた」極悪人3-7の処刑理由の手痛い失態は極悪人3-5の名義のロストだな。そして筆者Bが恐る恐る背後を振り向けば…そろそろ本当の大公爵の意味を理解した…。

 

此処の現実:捨て身の狂気しか勝ち目はないヤンデレ彼氏

「俺を助けろと言っているんだよ!俺のことが好きだと言えと命令してんだよ!」極悪人3-5

 

f:id:entpintp:20210129022823p:plain

自分の多重人格だと今から医者で申告して来い。駄目なら足を蹴り飛ばして階段も登れないようにしてやるからな。舐めてんのかよ。俺に喋らせろと言っているんだよ!何を殺してくれてんだよ!極悪人3-8の野郎のヘッドショットが云々!

 

痛い妄想と思いきやマジ過ぎる。恥を晒したと思いきやこれだ。もう誰にも止められない。何だこいつは何だこの人格は。流石にこいつに身に覚えはない。

 

f:id:entpintp:20210204162602p:plain

此処まで極悪人3-5が潜伏で粘るとアロセルが彼を厄介だと思い始める。ああこの手放せないラグラージがやたらと可愛いのは取り憑いていたアレルのせいだろう。ゲームボーイアドバンスの時代から連れて来た最高の相棒ポケモン。

 

テキスト「アレルに反撃されないといいんだが」

 

過去の回想:ついに筆者Bも巻き込まれた現実「vsアレルで負けた」

f:id:entpintp:20210420004354p:plain

律儀に君の空白の席を温めていたことになる僕たちアロセス「本気でマズい」

 

流石は知能悪役組織と暴力悪役組織。もう知能の格差は目に当てられない。何かを中和しろは分からなくはない是正勧告の采配。しかし現実を見てみればアロセル(1-6)とアレル(3-5)は中の人が同一人物だ。マジでどれだけ暇なのか。格下レートでの対戦カモは悪役でもマズい。ゲーム機の2台で帳尻合わせの八百長に見えてくる。

 

「このままだと悪魔アロセスよりも最悪なアレルという極悪人3-5に筆者Bは乗っ取られてしまう」何をしている悪魔アロセス大公爵。それでは人間の売り買いの片棒を担いだことになる。遂に3周目の暴力組織の仲間入りは目前だ。
 

f:id:entpintp:20211018030708p:plain

死んで負けても取り憑いて考え事も続けられる。親玉も呼んで来る事が出来る。何も生きていることの長所がないのは当たり前。確かに生きている意味がとんちんかんから来る前提のイカれた知能指数の結果と思うと納得できる。人生の冒涜の王者が来た。メタだが人格も記憶も違うなら化けてくれば別のカウントだ。
 
画面で死んで化けて出て来たのは極悪人3-5のアレル。これは極悪人3-7と親玉の魔物が同じ内部設定だったな。魔物の親玉との寵愛争いレースで勝てないと踏んで逃げ出す方法を考えたんだろう。その結果がアロセルの技術を踏み台にすること。アザレルとかそんな意味の名前だろう。俺は勝ち取れる運命にある。
 
「アンサー・ファウル・エコラリア・アナウンス」それでも覚えておいてよ。この組んじゃいけない真実の4頭角たち。俺の大好きだった4頭角たち。

 

極悪人3-8がまた極悪人3-5にヘッドショット!死体を見たら本気でデータ収集の価値が無いタイプとバレた!つまり本物のアレルがもっと前から本気で行方不明!悪魔そのものの狂気の沙汰の極悪人3-7!本物の極悪人3-5が数秒前に逃げた!組織の戦法の御法度!

 

判断の早すぎるコンピューターのようなレース状態の極悪人3周目。結果の組織全員が骸骨ゴロゴロは世の真理。だが誰か独りでも逃げ延びていたら恐ろしい。いたぜ。はい俺の吐いた嘘の可能性。円卓時間の生前の戦法まで見えている。9機あればいいだろ。自分だけは36機。

 

「俺を喜ばせてみようと、アクセサリーを作り込んだり、真面目に本を読むのは何故だ?」俺が個人として途中でお前に聞いてみたいことだ。それでも大半は俺の事を嫌うだろう。お前ならば分かるだろう。次に会えばお前を殺すだけだろう。もう怖いか?もう来ないか?キーワードが既に広辞苑状態だ。

 

実際の様子:バグを起こしやすいサブブレイン

ー居てもモブキャラのサブブレインー

此処では最低限は邪魔も縛りを互いに入れているしな。3周目の悪役の1体の縛りのローカルルールだな。戦法パターンの情報共有とアレルが最初に禁止で挙手するだろ。そもそも戦法がリアルに条約違反スレスレだから登場できない。いつの間にか組織の崩壊でぺしゃんこになっていた何回か発言回数のあるモブキャラのサブブレイン。

 

ー保身の計画性が他とは格が違うー

いつの間にか後ろに後ろに後退を繰り返しても、後ろの位置で腹の中はだんまり決め込むタイプでした。最後には音信不通。これが普通のオチだろうな。糾弾回数が少ない割には意外とヤバいことを繰り返してくれた悪役かね。書きにくい話しにくいまでは本物の狙い通りの設計だろうな。メタだがリーダーを盾にして裏で悪事を働くタイプだ。

 

ーどうしたらそもそも悪役幹部になるのかー

つまり「悪役幹部になれる器も無い割には中途半端に瓦解工作の技術だけは凄い」能力主義らしい身の引いた悪事の働き方。どうしたらそもそも悪役幹部になるのか。王道ならば組織で身内からボコボコにされ始めた場合の自棄になるだろう。いつの間にか目立ちすぎ働きすぎて気が付いてみたら消去法的に幹部に立候補。

 

ー自己の悪癖から難解行動を取りまくる末路ー

…何度でも悪役幹部としての極悪人3-5ことアレルが詰みになるというバグなんだよな。このくらいなら禁止にも抵触しないかと真面目にボソボソとリアリティーのスペックを考え始めて…それでもタイプ6でもタイプ5でも書いてみても…頭が良くなり過ぎると戦法パターンとか禁止に直ぐに走り出すし…。思考回路が自我の仕組みとしてそんな作品とも噛み合わせが悪い。作品メタが行動選択に表面化しやすいよな。目的を自分で思考のメタとして矛盾からすり替えてしまう…とか。

 

本当に難易度を揃えて作り込んだが最期…さあとしか…地獄の底へと堕ちていく魔物でしょうし…サタンにギタギタにされるんじゃないですかね。

 

ー普通は発達障害と間違われる我流固着の悪意キャラー

「絶妙な高知能の発達障害のサブブレインの処刑回避できる悪役キャラを書けとか難し過ぎる」本物も自分は処刑抵触の連続回避は自信はないし開幕処刑タイプだと発言していた。基本は動かない言わない裏で手だけを出す戦法だそうだ。つまり本番戦争でしか初登場はして来ない。アニメとゲームに類似が該当無しになるのが当然だな。仕組み強欲でしか勝てないものは勝てないタイプだね。

 

周りの誤解を狙って周りの得点を下げていこう…基本から評価の暴落戦法だからな…自分の組織も瓦解させやすい。だから後ろに下げておけ。まともな他のタイプのブレインがいるか、更に上に見る目があれば存在はしないだろうな。ダウナー系統からアッパー戦法とかバレたくない我流の判断ミスを狙いまくる奥義だろうな。対人戦闘でもそこそこ勝てるズル能力だから暴力派閥の悪役で間違いはない。

 

人間の分類の中では物理学の暗算超人だったらしい。頭がおかしくなって抜けた可能性がある。人間だとIQ80でも持て余すという下らない噂があるそうだ。エビデンスはカイムだが、関連してイライラが止まらなくなりやすい。間違えているのは確かだろう。確かめられる知能も無いが。