NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

元の道を思い出すと異様な前提「人格か行動か」

前提の疑惑の着眼だけを極め始めて回りだす

f:id:entpintp:20211007194434p:plain

ううん…ああ…たしかに…なんでタイプ3にそんなに…詳しい?

 

悪役組織の悪役幹部としての登場から崩落までのイベントを永遠に繰り返す…2番目か3番目か…とても繰り返しに気が付き難い位置で…。

 

こういう短編の怪電波シナリオを構想していたことがあったかな。どうしたところでどんなに頭が良くても絶対に死角は出て来るんだよ!エニアグラム18人衆の3w4が異様に焦り始めた理由の起点の1つに使うか考えていたんだったかな。

 

そこそこの黒で上がりを目指すという狡猾さ

エニアグラム18人衆の3w4。本当に最初のラフ案からそういう人格のキャラだったな。そして逆に1w9が大義を勝ち取ればもう潰すしか無い前提の思い込みを何故か崩したがらない…本当に分からない事情を隠し持つ行動のキャラ。

 

この思い込みは崩さない方が有利か不利か。誰もが何かを知らないし分からないふりをして殴り合う節がある。何処か確かにフックが何度も悪ければ意外とおしまいの構築。なんでかと言われたらもっと部分が高度な9w1と6w5がいる…。

 

「ダメージの覚悟タイプ」3w4のリスキー発言で1回だけ混ぜる予定だった発言の毒だな。それぞれ1回2回は自分の性格がちょっと悪いから出て来るマズい発言。そこそこ平和に勝利を目指しているという顔すら隠さないキャラとかな。

 

「喧嘩を売って来るなよ!」真っ先に何か人との衝突の規則がおかしいと気が付くのは9w1。確信を掴んでから保守の硬化した4w3。誰だ誰だ揉めているのは…意外と気が付くタイプほどに作中では大渦が遠くにあった。

 

大渦を隠れて打ち始めた6w5と5w4と3w4と7w8…それぞれ悪かと言われたら考えはあるらしいんだが…いちいち賛成反対と誤解と事故で揉め始めた。変に自分の作戦が通用しないと言い争いをしている内にどんどん段階の話は下に転がる。

 

誰が最初に悪事を働いたと言われたら、少しの職務時間の自由行動。ネット関係のあるあるの範囲内。そして友達関係の現代社会。そこまで行くようなことは本当に誰もしていない…よな…?と考え始めてから笑い出した6w5。

 

「犯人が存在しない仮説」6w5の廃人IQの大暴走。勉強と家族関係だけで難関大学に居座るような秀才顔のキャラでね。決定法則の異常者がいる。そうだ筆者Bみたいな基地外ホームランの考え方で手を本当に動かす奴が誰かいる!

 

決定法則の異常者たち

最期まで割と自分で悪の手を打ち始めたと気が付いた3w4が、意外と本当に思い付かなかった解答でね。本当に人間はそこそこ同じだと観察の間違いをしていたキャラだな。顔が何処と無く間抜けに見えなくはない…。

 

違う違う人間なんて…恵まれているんですよ人間関係に…6w5の方がピリピリ綱渡りに子供時代から馴れ過ぎていた。意味不明な揉め方の原因分析とおかしな解決に片手間で馴れ始めていた。そして無難に立場の専攻は歴史関係。

 

堂々ともう悪の手を打つしか無いと宣告した1w9が5w4に衝突し、何故かその場では黒だった巻き添えの7w8に標的がズレた。黒を干せたから黒を回避した?いつまで繰り返すんだよ!そう宣言して理屈を認めた1w9がセットで終われたとかな。

 

「やっと勝てた…」悪魔アロケルに何故か勝利したところからこのゲームが始まった。

 

嘘吐きに見えて正直者が最も早く悪の手を打ち始めることになる…そして何故か先読みしてきた5w4…IQは80しかないはず…こうして6w5と9w8と堂々巡りで若干の悪の手スランプばかりが残された。かなり怖い話だな。