NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

制限時間というものに善意としては怯えているよな

そこまでは僕たちも同じだったんだぞ!

f:id:entpintp:20211206201306p:plain

慢心…環境の違い…今なら分かることはあるよ。真面目にどうしようかとたまに思うよな。看守のリストを並べて罵詈雑言に耐えている無関係な庶民。

 

何故まあ悪魔アロセス公爵が私に話を漏らしたのか。確かにアウシュ耐性とか不要な隠し高ステータスの理屈は見えやすい。おい看守よ家族は死んだのか。

 

最後はまあ建前とか何処まで狙うのか。悪魔の大公爵の鉄槌処刑で何処までキレイにゴミ捨て場に置くだけで回収して頂けるのか。意外とやはり生まれは総裁カイムからスタートだったしな。所詮はカイムに取り憑かれても分からないとかな。

 

俺達を思い出すなと言っているだろう!

f:id:entpintp:20211206202100p:plain

それゆけ!アロパンマン!~世界の子供たちに美味しいパンを届けよう~

 

悔し紛れにこういう回答を提出しておいたんだ。裁きが来る前にそこそこ正しければ逃げられるものなんだよな。悪魔アロセスの才能が中途半端に勝るもの…唸るよな。

 

f:id:entpintp:20211113021855p:plain

さあ大公爵が何の才能を見たのか。風見鶏のことを「パラノイアのコンピュータ様は遂に市民の善良さを信じられ永遠にイエスと回答するだけとなりました」こういう皮肉がある。

 

その場面ではそれにしても可能性は正解だね…逆に答えれば答えるほどに逆算で居場所が判明してしまう場合がある。答えるわけにいかない公爵という難問だな。そしてこれ幸いに繋がる「市民を盲信しておられます」

 

そんなに分かるなら何かを見るといい。より何を見るべきなのか分かるだろう。もう少しだけ本当の風向きの判断に時間をかけてもいい。それが大公爵としての回答だろう。詰ませるための約束。詰ませるための公約。詰ませるための絵画。

 

f:id:entpintp:20210327053717p:plain

お前は逃げる側か?逃げられる側か?追い詰めることで保身を勝ち取るもの。それは極悪人3-8だったんだな。ああ…今になって泣き出して止まらない。理不尽を見つけ出してはまた駆け上がる。ボスと1つ2つの闇が同じことはあるだろう。

 

「いつか何かの才能になれるといいな」極悪人3-8が最後に見えた絵だ