NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

関門3までを作り込む16Qを思い出す構図

はじめに

f:id:entpintp:20211111033856p:plain

4つの何か1つには詳し過ぎるものだ。4つの何か1つには言うすら難し過ぎるものだ。最初に当分の配分から真理を思い付く。やはり尺を見ながら人を見る。これは大切ではないかな。極論は晩年まで人生とは勝ち取らないといけないね。

 

「もう準備の手段が違うだけなんだ。過去なんて嘘ばかりの頃には意味がない」

 

残り4分の1割は辻褄合わせになる

f:id:entpintp:20211107094153p:plain

後は「話を畳むための作業」これを馬鹿にすると老年期を不要だと言うようなものだ。心理に泣き付いておいてこれなら捨ててもいいだろう。自分に不利な発言が分からない。短文から矛盾は頭がおかしいのかと思うだけだな。


何処までも打算で立ち回らないといけない構図があるものだよ。あれも本当にマズいことしか思い付かないからちょっと放置しようからの、そもそも本当に詳しくないことに話は逸れた。気持ちを無視は嫌いだからじゃないかな。どうでもいいけどISFPとかに入れておけばいいか!

 

「醜いと言われるのがそれぞれの禁止ステップと考えられるかもしれない」

 

不利な掛け算が言い訳に聞こえるか

f:id:entpintp:20211103220859j:plain

ミスの弁解のミスの弁解…そもそも初手から選択ミスが前提の特質を見たときに「わお…」と思いやすいんだよな。中盤でこれかよ。それだと「後の人はいいだろうね」つまり偉い人には成れないよ問題だ。詰んだ後!


庶民でも人生の弁解を考えながら生きている時代には「野生タイプ」の話はやはり頭が良くなれど思い詰めるだけ何とも書きにくい。気軽な要望はいつか地雷を踏むだろう。全部が願望と目的しか知らんことになる。

 

「立ち回りを解説しているという作者のナンセンスな相違が1つは出て来る」