NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

奥義は発言禁止の強制ターンスキップ思考

はじめに

さあ…我々もターンスキップをしてルードの会話を飛ばしてしまう事があるかもしれないな。どうすればルードの会話にならないのか扉の前で法則の解法のお茶会だ。

 

法則をひたすらに解くのが早いものを見ると本気を出す悪役幹部だ
 

恐怖は社会の門だけでいいはず

それなりに善戦したものの書き残した遺影の前でお茶会…ああ…別に歴史に残らなくてもお茶も無くても勇敢に独りで進んでしまうのもタイプ5だな。なんだか解けるような気がするから解いて考えてみよう。

 

ええ…タイプ5の話は映りませんね。なんでそんなによく覚えていられるのか昔の僕には不思議でしたよ。君は覚えていたいことが違うだけなんでしょう。知りたいと思う先には違い過ぎる社会構造の門があります。

 

ああ個人の価値観で綺麗な門だと思ったことがあるだけだ。そいつは宣伝披露こと門だけが良い可能性だってあるだろうね。それでも門を作る才能の違うものが何だかいるとしか暗黙の推理で思えなかったんだよな。

 

懐かしいですね日を過ぎるということは。他所の門を知ることは特に普通の歩くことと何も変わらないんですよ。歩く世界にその門しか無いことも感覚機能と直観機能の発達の栄養の遅れに繋がりますよね。

 

思春期に思い描いた美学の勝者や勉強の勝者はまだいいんだ。そんなに悲しい所でも普通に通過する元から生まれからばかりが普通に生き残る。それができるから此処の仲間に入れてあげるよ。これが門という説明の意味だな。

 

門の中の生まれなのに出来なければどうするのか。門から追い出されるだけで普通は済むことなんですよ。そんなにすぐに門から追放されただけで昔の仲間を逆恨みで殺したりはしないんです。最後の社会の門の追放だけが大問題なんですよ。

 

Chapter111:生き延びた意味を知る日