NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

見限られるという約束を思い出すしか無い

はじめに

ううん…この門はどうしても開きそうにないな。別の門にしようかな。受験勉強でも泥棒人間でも考えているはずなんだけどさ。

 

社会より高水準の門を壊して開けてくるときだよね

 

追加の法則の間違いに収束する

あいつら何をふざけた事を言い出したんだろう。こういう状態がたまにあるよな。これが神には笑い話ではなくて楽園の林檎のことなのだろうけれども。此処に生きていられる前提を忘れてしまうことだな。

 

実際に使えるようになると目を輝かせて来る。馬鹿ですよね人間は。最初の社会の門を通過するときの大前提をすぐに忘却してしまいますから。ひたすらに知識も理屈も忘却してしまうから同じ間違いを繰り返すこともあります。

 

社会の門という日本国憲法を最優先で覚えないことは悪いことかな。怖い話なら覚えておくべき知識や理屈の序列だよね。ジグルナお前はライトノベルの悪役幹部として登場禁止だろうね。

 

当たり前なんですよ本当にそこだけは禁止なんですよ。僕が入るだけで善になれる社会構造なんて何をしているのか分からない前提の行動です。何だか怖い雲行きの行動選択ばかりを見ていても何もロールモデルにはなりませんよ。

 

異常事態より普通事態を優先で覚えておく義務ということだよな。極悪人架空例シリーズは全員が優先で覚えるべきことを間違えているんだ。第52位で終点にされてしまうのは覚えるべき理屈の序列を間違えているときだな。

 

ううん…もう人目が無ければ話しますよ。個人で言われて話しておこうと言い出す門の仲間も理屈の怖いことですよ。仲間情報の口軽薄情というものです。

 

Chapter112:何処までも空回りだよね
Chapter113:彼等が後ろを振り返る日
Chapter114:ターンの無いピアノ鍵盤