NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

目的に合致すれば生きて行けること

はじめに「関門10は賢い子ども」

キャップとカップの算数社会においては変な発言すらも理屈をツケられてしまうものだ。社会算数の強者が単に時点で並んで生き延びた。最適解の才能の時点は妥協解の才能が整列。まさに第52位の真理。

 

目的と解決のトラブルシューター優先の整列社会だな
 

はじめに「ホウベンマスター」

f:id:entpintp:20210926182207p:plain

大切なことは上司を守ることではなくて「トラブルシューターになれること」目的の合致として手遅れな方向に行った上司は知らん顔が最適解なんだよ。自分がトラブルシューターを目指す限りはそれなりの安全が保証される。

 

f:id:entpintp:20211209064917j:plain

トラブルシューター優先の整列社会なら順番なんていくらでも飛ばせる。他所の専門で負けたタイプ5が他所の専門に天下り。頭の良い人は勝てるトラブルを引き当てることくらいは元から簡単なものなんだよ。

 

練習問題の時間に解決されたと大嘘疑惑の終わりなき手柄問題のパラノイアは避けられない終盤戦の様子になるんだけれどもね。だから最初の手柄と最後の手柄の位置だけは決めておくようにしているんだね。